いっくんに「でかけるよ」と声をかける。


1




いっくんは最近オノマトペに凝っている。




2

なんでもやたら擬音を使いたがるのだ。


ちなみに上の場合だと

歩きながら口で「てくてく」と言う。




ただクリスマスツリーの「ぺぱぺぱ」なんかもそうだけど

表現が独特なのでなにのことを言ってるのか

わからないことも多い。




たとえば。


実家の和室に陶製の猿の置物がある。

こいつが目がギョロついててちょっと不気味なので

「このお猿さん、こわいなー」って私が言ったら


3



これはどうやら「にこにこしてるよ」と言ったらしい。


おかあさんが怖がっていたので

「ニコニコ笑っているから怖くないよ」と

なだめてくれたようです。にょく…。




そんないっくんが先日なにかを報告しに来た。


4

にゃーくんというのは愛猫のチャーリーくんのこと。


チャーリーくんが、べーべーべー?

なんじゃらホイ。


すぐに理解できなかったので

「いっくんチャーリーくんがどうしたの?」と

聞いてみると今度は

ジェスチャー付で言ってくれた。


5


…そういえばさっきチャーリーくん

外に出て草食べてた!





6


「べーべーべー」じゃなくて

「げーげーげー」って言ってくれれば

すぐにわかったのに~。







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑「ちきちき」クリックしてね