ぷにんぷファミリー 前川さなえオフィシャルブログ(旧:ぷにんぷ妊婦)

大変だけど楽しい毎日の子育てを、 元・似顔絵師のママがボチボチと綴っていきます。 泣き虫男子の「いっくん」とわがまま姫の「はるちゃん」。 2人の子供との涙あり笑いありの物語です。 ぷにんぷ妊婦〜育児編〜 前川さなえオフィシャルブログ http://puninpu.com/

タグ:育児本

編集さんに紹介していただいた
こちらのコミックエッセイ。

45


Twitterなどで「リアルにこわい」と
噂は聞いていたのですが…
ホントにこわかったー!
1509121

『セミフィクションコミックエッセイ』っていうんですね。

読後、私がいつも仲良く遊んでるママ友には
こういうタイプいないなぁ、と考えて…

1509122

便宜的に『ママ友』という言葉を使うことはあっても
ママ友っていうより普通に『友達』なんですね。
「子ども同士が同級生」というきっかけで知り合っただけで。

それが、お互いの子どもが仲良くしてたら
親も仲良くしないといけないという思い込みで
距離感を間違えちゃうと誤解とかが生じるのかも。

いっくんは幼稚園の頃、女子とばっかり遊んでたので
自然と私がよく話すのも女の子ママが多かったけど
小学校に上がって男子と遊ぶようになっても
当時の女の子ママとは普通によく交流してるし。

ただ普通の友だちなら「ちょっと合わないな」ってなったら
自然と疎遠になってったりするのだけど
保護者同士だといろんなところで顔を合わせるし
こじらせちゃうとややこしいんだろうな、と。

この本は、とてもかわいい絵で、統一されたコマ割りで
淡々と日常が進んでいくので、
逆にこわさが際立ってます。ゾクゾクしますよー!



もう一冊。
こちらも担当さんに薦めていただいたコミックエッセイ。
20150913_144032


正直、私「スピリチュアル」という言葉自体に
訝しんでしまうイメージがあるんですが
読んでみたら普通に育児コミックエッセイで
いちキャラクターとして
スピリチュアルかあさんが
助言したりするという感じなので
あまり押し付けがましくなく気軽に読めました。

スピリチュアルかあさんというのは
著者(語り手)ではなくその母親なので
語り手はどちらかというとこちら側の立場で
かあさんが「オーラが」とか「前世が」と言うのに対し
「怪しい…」「変!」とかつっこんだりしています(笑)

かあさんのアドバイスはスピリチュアルなあれやこれやでなく
単純に年長者の言葉として読むと
すんなり腑に落ちる感じでしたよ。





ーーー

ぷにんぷかあさん 今日も育児日和/マイナビ

¥1,134 絶賛発売中!
 



ーーーーー
↓今日もポチッとお願いします。
ranking