ぷにんぷファミリー 前川さなえオフィシャルブログ(旧:ぷにんぷ妊婦)

大変だけど楽しい毎日の子育てを、 元・似顔絵師のママがボチボチと綴っていきます。 泣き虫男子の「いっくん」とわがまま姫の「はるちゃん」。 2人の子供との涙あり笑いありの物語です。 ぷにんぷ妊婦〜育児編〜 前川さなえオフィシャルブログ http://puninpu.com/

カテゴリ:妊娠・出産 > 妊娠 2

※注意!

このレポートは私の2度目の妊娠時の体験です。

読まれる方にとって、ショックに感じる場合や

不快に感じられる表現もあるかもしれません。

ご了承ください。


前回までの記事は こちら から


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-妊娠2-5

↑クリックで拡大


おわり


1度目の妊娠レポートは こちら


---



悲しみがすっかり癒えたって意味ではなく

いずれまためぐり合うかもしれない次の命に対し

前向きに考える気持ちが持てたということです。


最初に流産した時は、しばらくの間は正直いって

また妊娠することなんて考えらんなかった。


それはやっぱり『見ておいた』っていうのが

大きかったかな、と今になって思います。

あんなにはっきり「あ、今ふっきれたな」って

わかることなんてなかったもん。


ただ、形状は繭のような小さい袋みたいだったそれを

私は胎児だと思い込んで見ていたのですが

病院に行く前にも血と一緒に

なにかのかたまりが出てきていたし

入院中の夜中にも2度かたまりが下りたので

あの「内容物」が実際は何だったのかはよくわかりません。



いっくんを妊娠したのがこの1年後。




◆ランキング参加中◆


  


応援よろしくお願いします。

※注意!

このレポートは私の2度目の妊娠時の体験です。

読まれる方にとって、ショックに感じる場合や

不快に感じられる表現もあるかもしれません。

ご了承ください。


前回までの記事は こちら から


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-妊娠2-4

↑クリックで拡大


<5(完結)> につづく


1度目の妊娠レポートは こちら


---



子宮内洗浄は激痛というより鈍痛。

グラタンのイメージ、伝わったでしょうか…(・_・;)。


「胎児自ら母体から離れる」という話は

とても涙なくしては聞けませんでした。


2度目の妊娠話、もうちょっとだけつづきます。




◆ランキング参加中◆


  


応援よろしくお願いします。

※注意!

このレポートは私の2度目の妊娠時の体験です。

読まれる方にとって、ショックに感じる場合や

不快に感じられる表現もあるかもしれません。

ご了承ください。


前回までの記事は こちら から


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-妊娠2-3

↑クリックで拡大


<4> につづく


1度目の妊娠レポートは こちら


---



先生に「今回はもうダメだからあきらめなさい」と

いうようなことを言われた時は、やはりすぐには

その言葉を受け入れられずショックも大きかったけど


今なら余計な期待を持って

後から辛い思いをしないようにという

先生の配慮だったんだと思えるんですけどねー。



◆ランキング参加中◆


  


応援よろしくお願いします。

※注意!

このレポートは私の2度目の妊娠時の体験です。

読まれる方にとって、ショックに感じる場合や

不快に感じられる表現もあるかもしれません。

ご了承ください。


前回の記事は こちら


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-妊娠2-2

↑クリックで拡大


<3> につづく


1度目の妊娠レポートは こちら


---



切迫流産の診断を受けてから、よせばいいのに妊娠関連本の

「流産・早産」「危険な症状」のページばかり読んでしまい

自分で自分に不安感を煽ってました。


「きっと大丈夫!」と思いたいけれど

一度目の流産のことを思い出しては

涙が出てくるばかり…(ノДT)


ダンナは私を一生懸命励ましてくれてたけど

ホントはダンナも泣きたかっただろうな。




◆ランキング参加中◆


  


応援よろしくお願いします。

※注意!

このレポートは私の2度目の妊娠時の体験です。

読まれる方にとって、ショックに感じる場合や

不快に感じられる表現もあるかもしれません。

ご了承ください。


妊娠2-1


↑クリックで拡大


<2> につづく


1度目の妊娠レポートは こちら


---



10人に1人が流産しているということは

2回連続して流産する確率はだいたい40人に1人。


これが3回連続となると確率は0.345%、約300人に1人。

偶然とはいえない数値になります。

とはいえ習慣流産もほとんどは原因不明だそうです。


お産というのは決して

当たり前にできることではないんだなと痛感しました。




◆ランキング参加中◆


  


応援よろしくお願いします。