ぷにんぷファミリー 前川さなえオフィシャルブログ(旧:ぷにんぷ妊婦)

大変だけど楽しい毎日の子育てを、 元・似顔絵師のママがボチボチと綴っていきます。 泣き虫男子の「いっくん」とわがまま姫の「はるちゃん」。 2人の子供との涙あり笑いありの物語です。 ぷにんぷ妊婦〜育児編〜 前川さなえオフィシャルブログ http://puninpu.com/

カテゴリ:仕事 > モニター

いっくん、胃腸風邪から復活しました!
心配してくださったみなさん、ありがとうございました。
コメントとかで教えていただいたんですが、
今年は1日で終わるタイプのが流行ってるみたいですね。
(その1日がエグいらしいですが)
そんな中おとうさんが下痢してますが
それはさておき本日の記事です。

ーーー

我が家はお米を玄米で買っているのですが
先日家庭用精米機のモニターをやらせていただきました。

1612271

実際はコイン精米に毎回行っていたのですが
それがけっこう面倒なんですよね。

家庭用精米機なら毎日精米したてのお米が食べられる!
詳しくはこちら↓

お米もっちり!玄米のおいしさを残せる精米器を使ってみた

529364_615




こちらも合わせてご覧ください

焼きチョコ[ベイク]で「スイーツぎゅうぎゅう焼き」を作ってみた

533723_615


あったかいベイクがホントにおいしかった!



もち消費に備えて「中華風ごまだんご」【作ってみた】

536210_615


お正月前にぜひ、餅レシピの話です。



キャラクターと会話をしているとき、
こちらがしゃべっている間は



アンパンマンの鼻が点滅してて、ちゃんと声を認識しているので




話し終わってから返事をしてくれる。
よくできてるねぇ。

ただ、言語解析ができるわけではないので…







というすれ違いはまあご愛嬌w


おかあさんとしては、いつも憎まれ口ばかりの
ばいきんまんが…



なーんてフランクに話しかけてくれるので
そのツンデレ具合にきゅんとしたりしてました。


「○○はいくつある?」なんて質問には
いっくんが教えてあげたりして仲良く二人で遊んでます。



「こんなとき、どういえばいいかな?」とかもあるので
謝る時半ギレで「ごーめーんーなーさーいー」って
言わないようにアンパンマンに教えてもらえるといいな。





【おしゃべりまなボード】特設ページ



------


Twitterボタン

まだホントに始めたばっかりでつぶやき少ないですが。
ID:puninpu

Twitterブログパーツ


◆ランキング参加中◆











さてモニターさせていただく
「おしゃべりまなボード」が届いた日。









そうじゃないんだけど…(°д°;)

実はCMとかで見て「ほしいほしい」言ってたんですよねー
まあ何見ても言うんですけど。



↑おもわずガッツポーズのはるぴん


年齢別にステップがあるんだけど
まず受話器に興味を持ったみたいなので
電話でお話ができる機能を使ってみました。





メロディ(着信音)が流れると好きなキャラクターと
電話でお話が出来ます。



















おお、会話が成立している!

はるちゃん大喜び。


(3)につづきます




【おしゃべりまなボード】特設ページ



------


Twitterボタン

まだホントに始めたばっかりでつぶやき少ないですが。
ID:puninpu

Twitterブログパーツ


◆ランキング参加中◆




ある日、メールチェックをしたら



いつも利用させていただいてる『すくパラ倶楽部』さんから

「さなさん、はるちゃんへモニターのおさそい!」

という件名のメールが。

内容は『おしゃべりまなボード』という
アンパンマンの知育玩具のモニターを
やりませんか?というもの。

コンセプトは
「楽しく遊んで会話力を育む!」
というものでしたが…









とにかく最近のはるちゃんは
しゃべる!しゃべる!のべつしゃべる!
(そして声が大きい!)

夫婦そろってもともと知育玩具に興味がないし
はるちゃんおしゃべりできてるしー、必要ないかなと
思っていたのですが、考えてみると

例えばテーブルに牛乳をこぼしてしまった時、



というような非常にイラッとさせるやりとりをしたりするので
コミュニケーション能力、ということに関しては
たしかに伸びてほしいかも。

ということでお引き受けしたのでした。




【おしゃべりまなボード】特設ページ



------


Twitterボタン

まだホントに始めたばっかりでつぶやき少ないですが。
ID:puninpu

Twitterブログパーツ


◆ランキング参加中◆


我が家にモニター当選で届いた

スイスイおえかきカラフルシート







シートは4色に分かれているので
ペンひとつでカラフルなお絵描きが可能!




2歳のはるちゃんも楽しく遊べるポイントとしては













シートを塗るとかわいいイラストが現れる
かんたんぬりえの箇所がある^^

それからスタンプも3個付き。


とりゃー




「えがお」「おはな」「さかな」の3種類。
喜んで押しまくり。


これでふたりのおえかきライフも充実だ!



芸術が爆発しすぎて
乾くのが追いつきません!
(>_<)




商品説明とモニター体験記はこちら↓





◆ランキング参加中◆


ウチのいっくんはるちゃんは
イラストレーターとしての私の仕事を見ているせいか
二人ともおえかき大好き。
チラシとかコピーの裏紙を与えても
あっというまになくなっちゃう。


壁にでっかい紙を貼れば…



すぐに全面描きつくしちゃうし^^;
はみ出して壁にも描いちゃうし…


そんな我が家にモニター当選で届いた
スイスイおえかきカラフルシート



「スイスイおえかき」シリーズは水で描くおえかきおもちゃで
周囲を汚すことなくおえかきを楽しめ、
しかも水が乾けば何度も遊ぶことができる優れもの。


ウチにはおでかけ時にもグッドな
携帯用の「トラベルおえかき」があるんだけど



もうだいぶ愛用しているので
描く面もくたびれてきてるし
はるちゃんがうにあられ食べながら使ったら
食べこぼしの油シミとれなくなったし
新しいスイスイおえかきを買おうかなーと
考えていたところだったのだ。

この商品のいいところはシートがたっぷり大きいこと!





兄妹ふたりで遊んでものびのび!

それに専用ペンが2本ついているので
取り合いにならない、よかった~^^


〈つづく〉


商品説明とモニター体験記はこちら↓





◆ランキング参加中◆


さて「はじめてのペンタッチスクール」、
兄が楽しそうに遊んでいれば


自分もやりたくなるのが妹というもの。

でもまだ2歳のはるちゃんは
おもちゃの指示に従ってペンタッチするのは
まだ無理…

そういうときは「ストーリーモード」。




アンパンマンの楽しいおはなしを楽しめます。

あと「おんがく」モードとかね。

他にも画面上のアンパンマンの顔をタッチすると
触れた部分の名称を言ってくれるメニューがあって



実はペンを使わずとも指でも反応するので
はるちゃんも楽しんでます。



さて今のところいっくんには
「一日一回20分」と決めてやらせていますが







時間を意識する習慣も身に付いた!

いっくんはひとつのメニューをクリアするまで
続けてやりたいタイプなので
残り時間が少ないと新しいステップに
進んでも時間内に終われないと判断したら
スパッとやめるのだ。

仕事の合間にちょっとのつもりでズーキーパーを始めて
いつまでもやめられないおかあさんの息子とは思えない。
えらいな。



ところでペンタッチようのペンのような
おもちゃの付属品というものは
幼児のいる家庭ではいつのまにか
いたずらな妖精が隠してしまって
なくなりがちですが





ペンと本体にひもでつなげられる穴があいてて安心。
おもちゃ大賞で優秀賞とるおもちゃは
かゆいところに手が届くねどうも。






◆ランキング参加中◆






はじめてのペンタッチスクール
電源を入れると軽快なメロディとともに
声をかけてくれるのは…


戸田恵子ボイスで子ども心がっちりキャッチ!

他にもメロンパンナちゃんやばいきんまんも
オリジナルの声でしゃべってくれます。


「はじめてのペンタッチスクール」は
はじめは線や形を「かく」練習にはじまり
上手にかけるようになったら文字に挑戦!という
ステップアップ式なので、
タッチパネルに慣れていないいっくんも
だんだん「かく」力を身につけていきました!


例えばひらがなの練習メニューだと


こう、点線が表示されるので
それに沿ってなぞると


点線が消えて自分のかいた文字だけ残る。

いっくんが字を教えてと言ってきたときに
紙に鉛筆でうすくかいてなぞらせたりするけど
それのデジタル版てやつ?


「かく」練習の他にも「おえかき」モードが
いっくんのお気に入り。
画面に自由にかけて何度でも消せるので
いっくんもいろいろかわいい絵をかいて見せてくれます^^



…うり?

あ、「とり」か。


「と」が逆になってるよ!
「ひらがな練習」モードをもう一度やり直せい!


(つづく)






◆ランキング参加中◆


ファミリーレストランとかで
せっかく家族で外食にきているのに
ずーっとDSやり続ける子とかを見るにつけ
携帯ゲーム機にいいイメージを持てなかった私。


そんな我が家に、モニター当選した
「はじめてのペンタッチスクール」
が届きました!



これはゲームというより
運筆力を身につける為の学習おもちゃなのですが
今いっくんはまさに字や絵を「かく」ことが大好き。
しょっちゅうチラシの裏になんかかいてる。

ん?そういえばおかあさんは
知育おもちゃも否定派だったはずでは?
とおとうさんから指摘を受けそうですが…

だ、だって…



日本おもちゃ大賞2011
エデュケーショナル・トイ部門
優秀賞受賞

なんつってこんなギンギラギンでさりげない
シールが箱に貼ってあっちゃあ
親として心惹かれるのは仕方ないじゃない!?


そんなわけでわくわくしながら
箱から出してみた最初の感想は…






予想以上に軽い!
なんだ…やっぱり所詮
子どものおもちゃ?とか鼻で笑いつつ
いざいっくんに遊ばせてみたら
いやいやとんでもない!
多彩なメニューが満載だったのです!


(つづく)






◆ランキング参加中◆



【モニター】トミカ ゆびコン (2) つづき


ゆびコン、いっくんのお気に入りの機能は


クラクション!

この操作はコントローラーを軽く押すんだけど
ラジコンのクラクションてボタンだったりするから
この動きがホンモノに近くてうれしいみたい。

実際の自動車でクラクション鳴らしたら
怒られるもんねぇ。

あと私が感心してしまった
ゆびコンのかしこいところは



障害物にぶつかると
自動でバックして離れる!

かしこいねぇ~…。
今ドキのおもちゃだねぇ~…。




とまあウチなんかは
前に前に回り込んで
行く手をことごとく阻んでくる
障害物がありますけれども。


おにいちゃんが楽しく遊んでいれば
やりたくなるのが妹。

でもいくら簡単とはいえ
2歳になったばかりのはるちゃんには



すぐにマスターするのは難しかった!
おにいちゃんの動きをマネして
コントローラーをあれこれ触ってみるんだけど
デタラメなのでゆびコンもどう動いていいか戸惑っていた。


そんなときには パトロールモード



コントローラー全体を手のひらで覆うと
音楽を流しながらの自動運転が始まるのです。

はるちゃんはその前に回って
障害物になるのがもっぱらの遊び方です^^




いっくんはつみきでコースを作り
ぶつからないように操縦したりして
遊んでいます。
私の股下もときどきトンネルになります。

はるちゃんもしばらく遊んでるうちに
まともな動かし方もできるようになってきました。

それだけ簡単なんですね。


男の子のおともだちが来ると
ほぼ取り合いになるのが目下の悩みです^^;








◆ランキング参加中◆


大多数の男の子がそうであるように
いっくんも電車やはたらく車などの
のりもの系がやっぱり好きだ。

いっくん2歳くらいの頃だったか
じいじにショベルカーのラジコンを
買ってもらったんだけど







その頃はまだうまく操縦できなくて…
(●´ω`●)ゞ


成長した今では





あんまり変わってないけど
(´Д`;)


だってそのラジコンのリモコンて




こんなで…

前進と後退はこっちのレバーで
曲がる時はそっちのレバーと使い分けるとか
このボタンで音楽が流れるとか
クレーン動かすにはまた別のスイッチがとか
あれこれややこしいのですよ。
(もともと対象年齢がいっくんの年より上なのですが)

そんないっくんのもとに届いた
トミカのゆびコン!


じゃじゃーん


このリモコンを見てください!



板? 板にシール貼っただけ?

と思うでしょ(思わないよ)。


これはどうやって操作するかというと…















いっくん一瞬にして心奪われる!!

パトカーのくせにとんでもないものを盗みました

いっくんの心です!






そう、このおもちゃの操作は超簡単
コントローラーがタッチパネルになっていて
指でなぞるだけで運転できちゃうのです!


書いてある通りに動かせばいいだけなので
幼児にも簡単に遊べます。
おしゃべりもしてくれてかわいいヤツなのです^^

あ。

今気がついたけど
動作の前に必ず「右に曲がるよ!」とかって
アナウンスをしてくれるので
右左を覚える助けにもなるかもしれないですね!?



(つづきます)






◆ランキング参加中◆

モニター記事つづき
さて寝かしつけの強い味方
おやすみ絵本シアター」ですが


コンパクトにまとめられた昔話は
子どもの耳にすんなり入ってくる
リズム感ある繰り返しの文体が心地よい。


子ども達もいっしょに読んだりして。


自動読み上げ機能でなくても
効果音やBGMは流れているのですが、
場面場面にぴったりのタイミングで
リモコンのアクションボタンを押すと
シチュエーションに合わせた効果音が。


これは通常の読み聞かせではできない技なので
子どもにもウケます^^


でも使ってみて一番いいなと思ったのは
部屋をまず暗くするので


終わった後寝かしつけの導入がスムーズに。

いつもなら絵本を読み終わっても
電気を消すのに一苦労ですもの。

暗い中でお話を聞きながら
眠ってしまう事もしばしば…

2歳~5歳くらいのお子さんの
寝かしつけにはぴったりだと思います、
「おやすみ絵本シアター」おススメですよ!





◆ランキング参加中◆

我が家ではいつも寝る前
絵本を2~3冊読み聞かせするのですが

仰向けの状態で絵本を持つのって
腕がけっこう疲れませんか?



ウチはいっくんはるちゃん二人に
絵本が見えるようにしたいから
ある程度腕の高さをキープしないといけないし
ハードカバーの絵本はけっこう重いし。

なかなか寝付かれない時は
何冊も何冊も読む事に…う、腕が悲鳴を…!

そんな我が家にやってきた
おやすみ絵本シアター」!



これは絵本読み聞かせのためのプロジェクターで、
部屋を暗くして天井や壁に映像を投影し、
絵本の世界を楽しむというもの。



誰もが知ってる名作昔話が
10話収録されているカセット付き!



ちゃんとピントを合わせることができるので
どの部屋の天井でもオッケー。

再生設定は『自動再生』『自動読み上げ』
もあるのですが、やっぱり子どもは
おかあさんの声がいいみたいで、いつも



とリクエストされます。
『自動読み上げ』に読ませた方が楽なんだけど
やっぱりうれしいです、えへへ。

でも1話1話は5分程度で読み終わる
短いものなのでちょうどいい感じ。

最近は絵本を2冊ほど読んだ後に
シメとして「おやすみ絵本シアター」を見ています。


モニター記事(2)につづく
 




◆ランキング参加中◆