昨日の記事で
はるちゃんのキャラデザについて書きましたが

そういえばいっくんも
幼少時はいつも眉毛がつり上がってましたが
最近は表情がやわらかくなってきました。
1606131

というのも2歳頃のいっくんは
けっこうお友だち泣かしまくりの荒くれ者で
ナイフみたいにとがっては
さわるものみな傷つけていたので

1(2008/8/19)

表情もキツかったんですね。

puni_d-080604(旧ブログより)

常に怒ってるような顔してました。

それがはるちゃん妊娠した頃から
急におだやかな性格になったので
(そのへんは拙著『ぷにんぷかあさん』を
 参照してくだっさ〜い☆)
それにともない表情も変わっていったようです、
描いてる方は意識してないんですがね。

キャラクターデザインといえば、
ブロガーのみなさんの中には
自分をうさぎとか白クマとか
擬人化じゃなくて…その逆の…
人を動物として描くのはなんて言うんだ…
まあとにかく人ならざるものにする時
どんな経緯でそれにしたのかなー?って
そういうセンスを持ち合わせていない
(自分を人間としてしか描けない)私としては
単純に興味があるところであります。

そんなケモノ化ブロガーの中でも大人気ブログの
鳥頭ゆばさんの新刊をいただきました!

CkoQEhnUoAArDPN

ねえどうして鳥!?
なんで自分のこと鳥で描こうと思ったの!?
(鳥だから「ケモノ化」とも言わないわ…なんて言うんだろホント)

※後ろに写ってるパンケーキは届いた時パンケーキ焼いてたので
 うれしくて勢いで焼きました。

なにしろゆばさんのイラストがかわいいです。
とくに娘ちゃん(鳥にあらず!)が!
1606132
基本笑顔なんですよね〜ぽけちゃん(´∀`*)
きっと実際笑顔いっぱいなんでしょう。

我が子達の赤ちゃん時代を思い出しつつ
「あったあった〜!わかる〜〜!!」と
ブンブンうなづきつつ読みました。

『ぼっち育児』とタイトルに掲げながらも
悲壮感はまったく感じられません。
泣いたり落ち込んだりの描写もあるのに
読後はなぜか「育児楽しそうだ」の感想のみ
残った感じでした。
ほのぼのイラストでサラリンと描かれているからでしょうか。

「ぼっちならお友だちになりましょうよ…!」と
正直思いました!(笑)
だって絶対ママ友になったらおもしろそう〜!


ぼっち育児楽しんでます
鳥頭ゆば
KADOKAWA
2016-06-16