はるちゃん出産話 のつづき。


---


私の胸の上でカンガルーケア中のはるちゃんを見て

いっくんが「あかちゃんあかくなってきた」と言った。


ホントだ、出てきたばかりの時はムラサキっぽかった赤ちゃんが

だんだん赤みが出てきてよりかわいらしくなってきた。



さて赤ちゃんが出てきてもまだ後産が残っている。

胎盤ね。


先生が取り出した胎盤を見せてくれた。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


けっこう大きい。

ヤマザキのパンまつりでもらえる皿くらいの大きさだ。



触ってみる。

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


へその緒とつながっている側は

筋張ったような膜がはっているけど

裏返すとキレイな血の色で生レバーそっくりだ。


ながめているうちに思わずおいしそうと思ってしまった。

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


実は私はずっと胎盤食べたい願望があって

バースプランにも「胎盤食べたい」と書いていたんだけど

なんか最近そういう(人肉?を食用として扱う)ことしちゃいけない風潮らしく

残念ながらその希望はかなえられなかったのだった。


よく分からないけど損壊罪とかになるのかな?

佐川一政の事件みたいなこと?

でも自分で自分の胎盤食べるのもだめなのかぁ…。

だって絶対産直後に必要な栄養たっぷりだと思うんだけど。



普通は赤ちゃんを取り上げてへその緒を切ってから

胎盤を取り出すというのがよくある順番だけど

ここでは胎盤も出してしまってからへその緒を切る。

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4


へその緒のトクントクンいうのがおさまってから切るんだって。


私は後産での出血が多くて先生にお腹を

マッサージしてもらっていて動けなかったたので
隣の部屋でおとうさんといっくんが

はるちゃんごと胎盤を持っていてへその緒を切る。


はさみなんてほとんど使ったことのないいっくんに

「畑のアスパラガスとる時みたいに切るんだよ」と

おとうさんがなんだか具体的な指導をしていた。

こんなぐねぐねしたアスパラはねぇよ。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-5


数分前までおかあさんの体の一部だったはるちゃんも

ともかくこれで事実上ひとり立ちだ。


ずっとお腹の中でがんばってくれていた胎盤も

おつかれさま。

「ありがとう、いい胎盤です」と声をかけた。


《つづく》





◆ランキング参加中◆

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています