ぷにんぷファミリー 前川さなえオフィシャルブログ(旧:ぷにんぷ妊婦)

大変だけど楽しい毎日の子育てを、 元・似顔絵師のママがボチボチと綴っていきます。 泣き虫男子の「いっくん」とわがまま姫の「はるちゃん」。 2人の子供との涙あり笑いありの物語です。 ぷにんぷ妊婦〜育児編〜 前川さなえオフィシャルブログ http://puninpu.com/

2012年07月



















主婦が台所で熱中症になるなんて恥だ!

「ニュースでコレだけ熱中症に注意って呼びかけてるのに
 熱中症になる人って自己管理できてなさすぎ」と
鼻で笑っていた私を過去に戻って殴りたい。


みなさんも十分に注意してくださいね…。

ええねん
もうすぐキッチンリフォームしてもらうねん!







◆ランキング参加中◆















↑使い物にならなかった竹がばらばらと



竹がセッティングできるまで
子ども達はずっとプールで遊んでました。

でも最終的にこんな立派な
そうめん流し台ができましたよ~



流しそうめん楽しい!
パパさん達お疲れさま~ありがとう~








◆ランキング参加中◆










女同士だからか、娘に対しては
おかあさんはちょっとシビアです。(;°皿°)

赤ちゃんから3歳くらいまでっていったら
ネコもシャクシも「かわいい~」って
言われる頃じゃないですか。
みんな言われるじゃないですか。

はるちゃんが自分だけがそう言われているんだと
思っているのかもしれないが
それは大いなる勘違いだ!
将来ろくでもない女に成長しそうだから
早いとこ目をさませ。






◆ランキング参加中◆








お、お前が切ったんじゃろがい!!!!!!!!
ヾ(。`Д´。)ノ


ドライヤー中だったので聞き間違いかと思ったが…。


私の髪質は左右比対称にくせ毛なので
短くするとへアセットがしにくいですよ、
というような事を言ってくれたようなのだが…

でも仕上げの段階で言う!?
それ言っちゃう!?

(/TДT)/


そんなわけで今私とはるちゃんは
おそろいの髪型なのです。



もうヘアモデルと同じにしてください
なんて言わないよ絶対
(「もう恋なんてしない」の歌詞っぽく読んでください)




◆ランキング参加中◆







この髪型にしてから
ワカメちゃんだとかクレラップのCMだとか
グリーンダカラちゃんだとか
いろいろ言ってもらってますが
ダントツ「節子」が多いです。

「おばちゃんがドロップ買うたるで
 おはじきなめたらあかんよ!」とか。


なんで蛍すぐ死んでしまうん…?
あとなんでパンダの赤ちゃんすぐ死んでしまうん (TωT)






※一日限定でアップした
 リアルはるちゃんの節子コスプレ写真に
 たくさんコメントありがとうございました!
 初コメの方がいっぱいいらしてうれしかったです^^。







◆ランキング参加中◆




昨日の終業式から続く雨。

大人は涼しくてありがたいけど
なんか出ばなをくじかれたというか
初日がこれだと調子狂うわ~。

暑い中ビニールプールで遊ぶの
楽しみにしていたのにぃ。




◆ランキング参加中◆

男の子とももちろん遊ぶが
けっこう女の子と遊ぶ事も多いいっくん。

幼稚園の女子に「いっくんだいすき!」なんて
熱烈ラブレターをもらってきたりもしている。
しゃらくさい。(←女親のひがみ)

そうなるといっくんに本命はいるのか
おかあさんとしては気になってきた。











おかあさんノック・アウト!
カンカンカ~~~ン







いや~男の子産んでよかった~。
なにこのかわいいの。




◆ランキング参加中◆

たった一日猫と過ごしただけだけど
やはりしばらくの間は
『猫飼いたい病』にかかってしまった
おかあさんと子ども達。







チャーリー君は私が嫁入りする前から
おとうさんと一緒でしたからね(17年)
思い入れが違いますわ。










◆ランキング参加中◆

預かった猫達を返した翌日
子ども達からブーイング。





「一日だけ」というのを理解してなかったはるちゃんは
なんで猫がいないのかと不思議がってるし
一応納得していたはずのいっくんも
やはりいなくなるとさみしいようで
朝の間ずっとねこねこねこねこ言ってました。



最後にそんな猫にゃん達の写真を。






2匹。



クロモジャ。
キレイになってムコ入りしました。






キジトラ。
その後信頼のおける方に引き取っていただけたそうです。







◆ランキング参加中◆

預かった猫話。

キジトラとの別れのとき。



























いやー猫編描きすすむにつれ読者のみなさんの
「で、最終的にさなさんちが飼うってオチでしょ」
という期待が伝わってきて心苦しかったですが
別れの時はあっさりしたもんでした。

キジトラは最後甘えてきたというより
お別れなの分かってて私と遊んでくれたのかも。

丸一日いっしょにいただけなのに
おばちゃんさみしゅうてなぁ。

でも猫にゃん引き渡して一人で部屋に戻ると
不思議なもんでやっぱり故チャーリーが
そのへんにいるような気がするんですよね。

「チャーリーくーん、ごめんねー」とか言って
借りたエサ皿やブラシを片付けました。


ちなみに最後の「ウチはまだチャーリー君の喪中」
というのはおとうさんの発言。
これがペットロスってやつか…(´□`。)


※猫編に入ってからコメントの返信遅れててすいません!
 ぼちぼちお返事していきますので~!





◆ランキング参加中◆

預かった猫話。

先に引き取り手が見つかったクロモジャは
やはり知らない家でなんとか身を隠そうとするのか
ウチにいる間、壁と家具のすきまに入り込んでは






綿ぼこりまみれになって出てきたりしていたが


キジトラはテレビ台の中の
HDDレコーダーの上を「落ち着く場所」と決めたらしく
ひととおり部屋を探検した後は
ずっとそこにじっとしていた。


私も子どももホントはキジトラともっと遊びたかったんだけど
あまりかまってもストレスになるだろうと
そのままそっとしておいた。

拾い主さんが猫を引き取りにくるのは
深夜になるとの事。

子ども達はもう寝てしまい、
私も猫のいる部屋で自分の用事をしていると



ほとんど「落ち着く場所」から出てこなかったキジトラが
いつのまにか私の足下にすり寄ってきていた。



(つづく)



◆ランキング参加中◆

預かった猫の話。

説明が足りませんでしたが
猫達の拾い主さんは、道路で弱っていた猫達を
『保護した』ので、同時に里親も探していたんですね。

で、衰弱した猫をおいて遠出はできないので
私が一日だけという約束で預かっていた間に
こっちの方でもらい手が見つかったわけです。

ーーー

飼い主になってくれる人のところに
クロモジャを連れて行き、
帰ってくるとキジトラが
しきりに鳴いて部屋をぐるぐる
歩き回り始めた。





ずっと一緒だったもう一匹が
いなくなっている事は特に気にしてないようで
(気づいてすらいないのかも)
ウンコしたら部屋の隅っこで落ち着いてました。





(つづく)



◆ランキング参加中◆

獣医に連れて行った後の預かった猫達。

栄養剤とカリカリを食べて
元気になった猫達。

拾い主さんが入れてきた小さい段ボールでは
簡単に抜け出してしまうようになったので
逃げないように深い段ボールに入れておいたのだけど



簡単に飛び越えてしまうほど回復。
よかった。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


クロモジャもまだ走ったりはできないものの
部屋の中をうろうろしたりするようになった。


「猫預かってて、里親も募集中っす」という内容の
書き込みを猫の写真と一緒にフェイスブックに
アップすると、中学の同級生からコメントが。




正直、クロモジャの方はバーバモジャみたいで
こ汚かったし、キジトラに比べて弱っていたので
残るとしたらこっちだろうと思っていたのだった。

(で、なしくずしにウチの子になればいいさと勝手に思っていた。)


クロモジャのからまりまくっていた長い毛を
猫ブラシ(チャーリー君の遺品)でとかし、
あちこちにくっついたひっつき虫を取って、
目やにと涙だらけの顔をキレイに拭いてやると
なかなか高貴なええとこの長毛猫になった。

その日のうちにもらってくれるという友人に
届けに行った。

すでに2匹の先輩猫がいるそうなので
お世話の用意はできているとの事。

幸せになれそうなところにもらわれて、
よかったよかった。




(つづく)



◆ランキング参加中◆

ぷにんぷ妊婦*ブログで描く我が子の毎日*
http://ameblo.jp/puninpu/

預かった猫獣医に連れて行ったわけで。

液状の栄養剤をすごい勢いでなめ始めた2匹。
いや、ありつけてるのはキジトラだけだった。



クロモジャのほうがもふもふぽやんぽやんとしていて
ふっくらした印象だったのだがそれは毛の分だけで
実際の体はほとんど骨と皮だけだった。

2匹一緒にいると、どうしても元気な方の
キジトラに先に食料を取られてしまって
今までほとんど口にする事ができなかったらしい。


キジトラはひとしきり食べ続けて満腹になると
診療所の探検を始めたので
クロモジャもカリカリをようやく食べる事ができた。

弱っていたのは単にめちゃ空腹だったからようだ。



(つづく)



◆ランキング参加中◆

ぷにんぷ妊婦*ブログで描く我が子の毎日*
http://ameblo.jp/puninpu/

育児ブログのはずが
すっかり猫マンガと化してますが
もうしばらくおつきあいください。


預かった猫を知り合いの獣医に
連れて行った。




小皿にうつした液状の栄養剤を出してやると
ものすごい勢いでなめ始めた。

(つづく)



◆ランキング参加中◆

ぷにんぷ妊婦*ブログで描く我が子の毎日*
http://ameblo.jp/puninpu/

猫の話が途中ですがキャラ弁紹介^^;


ねないこだれだ




































せなけいこさんの絵本です。
このおばけかわいいですね。



白戸家おとうさん(ソフトバンクキャラクター)


































ちょっと目がでかかったかな。


パックン・コロン・リン(『パッコロリン』)





































この日はプラネタリウム見学だったので
おにぎり弁当指定でした。
凝った事してもぐちゃぐちゃになっちゃうだろうから
簡単にラップにお絵描きで。



◆ランキング参加中◆


預かった猫はこんな感じ。



一匹目。






キジトラは拾い主さんが入れてきた
段ボール箱からすぐに抜け出して
あちこち探検し始めたりしてわりと元気だった。

いきなり仕事部屋にうんこしてくれたしな。



二匹目はちょっと弱ってた。



鳴こうとしても「はー」という声にしかならず、
拭いても拭いても目やにが出るしで瞳も濁っていた。

(生まれたてという感じではなかったので)
2匹とも水をあげれば飲んでるし
かつぶしやニボシを入れておいたらにおいを
嗅いだりしていた(食べなかったけど)。


クロモジャが元気ないのが心配だったし
エサ等にしても何を与えればいいのか
わからなかったので、診察時間を待って
拾い主さんの了承を得て獣医に連れて行くことにした。

(つづくー)



◆ランキング参加中◆