ぷにんぷファミリー 前川さなえオフィシャルブログ(旧:ぷにんぷ妊婦)

大変だけど楽しい毎日の子育てを、 元・似顔絵師のママがボチボチと綴っていきます。 泣き虫男子の「いっくん」とわがまま姫の「はるちゃん」。 2人の子供との涙あり笑いありの物語です。 ぷにんぷ妊婦〜育児編〜 前川さなえオフィシャルブログ http://puninpu.com/

2010年10月

先日、ゆうぞうおにいさんとしょうこおねえさんの

ファンタジーコンサートに行ってきました!


会場内はすべて撮影禁止と分かっていますが…



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*

ステージにはカメラ向けないから

コンサートを満喫する我が子たちを

撮影させてください!

音楽に合わせて手を叩いたり

体を揺らしているはるちゃんと

じっと感極まった様子で

舞台を見つめるいっくん。


兄妹でそれぞれ楽しんでる様子が

連れてきてよかった~って感じで

ビデオに残したくなりました^^;



少し前に「モノランモノランコンサート」も

行ってきたんですが

はるちゃんにはまだ早いかなと思いきや

兄よりもノリノリでした。

といってもいっくんが楽しんでないわけではなく

喜びをかみしめるタイプらしいです。


ファミリーコンサート地元に来ないかなー!




◆ランキング参加中◆

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています

こないだの日曜日、町内のおまつりで

おみこしが出たんですが


いっくんは終始こんな↓感じで
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*


みこしの綱をただ持ってる、ってだけで

「わっしょい」の「わ」の字も発しないし

なんならうつむき加減で

とぼとぼと歩いているので


「いっくん楽しくない?」

「つまんないなら帰ろうか」

と声をかけると

「ううん、さいごまでいく。たのしいよ」

と言うのだけど

ホントは参加したくないけど

親に気を使っているのだろうか

と思ったりしたのですが




夜、はるちゃんとなんだか

どたばたやってるので様子を見に行くと


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*


おみこしごっこ。


(おみこしの要素ほとんどなしですが)



バスタオルにはるちゃんとぬいぐるみやつみき乗せて

わっしょいわっしょい言いながら

ばふばふさせてる、それは楽しそうに。


なんだ、ホントに楽しかったのか。(・・。)ゞ



いっくんてそういうことよくあって、

幼稚園の遊び会やスクールの体験レッスンなんかでも

全然つまんなそうだったり

私から離れられずに輪に入れなかったり

でも後から聞くと「たのしかった」って言うんですね。


「おかあさんといっしょ」の収録の時もそんな感じで。


家ではすごくお調子者なのに

人がたくさんいるところでは自分を出せないようです。


オトナは「もっと楽しめよ」と思っちゃうけど

自分でも歯がゆいところなんでしょうね~

参加したいけどできないっていう。




ところでこの日みこし曳いてる時

町内の知らない小学女子ちゃんから

「『ぷにんぷ』かいてるんだよね」と

声をかけられてすごくびっくり!

な、なんで知ってるの!?


確かに近所の人が読めば一発で

「ああ、あのお宅」と分かる書きかたは

至るところでしているんだけど

いやーべっくらこいた。

もう悪いことはできねぇな、

してないけど。







◆ランキング参加中◆

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています

前回の記事では愚痴っぽくなってしまい

すいませんでした。

みなさんからたくさんあたたかいコメントをいただき

元気がでました。

ありがとうございます!!!!


---


いつも私のことを気遣ってくれるいっくんですが

はるちゃんも負けてはいません。



ちょっと具合が悪くて居間に横になった時


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*


はるちゃんは


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*


クッションを持ってきてくれて







私の髪の毛をひっつかんで
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*



そのままクッションまで頭をひきずって

寝かせてくれました。

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*


うーんいたわり方がまだ未熟と言うか

新手のツンデレというか。

そんな1歳5ヶ月。




◆ランキング参加中◆

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています

画用紙を持ってやってきたいっくん。



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*









ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*


(あ、間違えた。差出人はいっくんだ)


別の紙にお手本の「ありがとう」を書いてやると

しばらくして「かけたもんでどーぞ」と

お手紙を持ってきてくれた。





どれどれ。

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*




ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*


弱冠惜しい感じだけど

ちゃんとありがとうって書けてるねー

すごいねー


ん?












ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*






ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*











ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*



「ありがとう」で『あり』かよ。


ダジャレだねダジャレ。

あと9匹書いたら完璧だったね。



いっくんはいつもおかあさんを

笑わせてくれるなぁ。






なんかこの手紙で憑き物が落ちたような

ちょっとふっきれた気分になりました。




以下長文の上おもしろくもないひとり言なので

どうぞ飛ばしちゃってください。


同居生活ももう数ヶ月になりますが

私は自分のルーズさを棚にあげて

義母の些細な行動に目くじらを立てて

おとうさんに文句を言っていました。


私が思い違いをしていたことは
おとうさんは何をおいても

私を一番大事にしてくれるはずと

思い上がっていたところがあったけど、

考えてみれば実の親に敵うはずもなく、

妻が自分の母親のことでキーキー言ってるのは

きっと不快だったと思います。


義母が我が家に来ても、

私たち夫婦も子ども達も義母も

みんなが気分よく暮らしてもらえるように

と思っていたはずなのにな、と

自分の器の小ささにガッカリです。


おとうさんにもいやな思いをたくさんさせてるだろうし

子ども達にも私の情緒不安定っぷりが

伝わってしまっているような気がします。

義母がいつまでたっても

ウチで遠慮ばかりしているのも

私の態度がそうさせてるのかもしれません。


はじめは義母のお世話を

私がしっかりやらなきゃと気負いすぎて

あれこれ義母のやることに

手出し口出ししていましたが

義母も嫁に細かいことを言われるのは

気分がいいものではないようだし

結局私のストレスにもなるので

あまり干渉しすぎないように

心がけるようにしました。


義母に留守を任せられないからと

外出を控えていましたが

子ども達と一緒に

児童館や図書室に遊びに

出るようになりました。


ちょっと気が楽になってきました。





◆ランキング参加中◆

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています