ぷにんぷファミリー 前川さなえオフィシャルブログ(旧:ぷにんぷ妊婦)

大変だけど楽しい毎日の子育てを、 元・似顔絵師のママがボチボチと綴っていきます。 泣き虫男子の「いっくん」とわがまま姫の「はるちゃん」。 2人の子供との涙あり笑いありの物語です。 ぷにんぷ妊婦〜育児編〜 前川さなえオフィシャルブログ http://puninpu.com/

2009年05月

2歳児と新生児のいる生活にもだんだん慣れてきました。




実は産後、退院して2日目くらいにちょっとした事件があった。



午前中のこと、後陣痛が辛くてお腹を湯たんぽで暖めつつ横になっていたら

ウッドデッキにいたいっくんが「あ、わんわんだ」と言う声が聞こえた。


散歩中の犬が通ったのかな、と思って私もデッキに出て見ると

なんとレトリバー犬が2頭ものすごい勢いで庭に駆け込んできた。


首輪をしているけどリードはない、飼い犬が逃げたんだ!


あわてていっくんをウチに入れ、大声で「シッ!」と追っ払う。


2頭はぐるぐるとひとしきり庭を走り回って、帰っていった。

いっくんがデッキにいたから何もなかったけど、

庭に下りてる時だったら噛まれたりってことがなくても

大型犬がいきなり走りこんできたらかなり怖いでしょ。

じゃれてるつもりで飛びかかられたりしたらトラウマになるさ。

家庭菜園の畑にも踏み込まれたし、追いかけられた猫は

おびえて網戸によじ登ったから網戸に穴があいた。


興奮がおさまらずに保健所に電話すると

早急に対応してくれた保健所さんが飼い主をみつけて厳重注意してくれた。

なんか今までにも何度か脱走しているらしい。

今回は犬小屋の掃除中に来客があって、その合間に逃げられたんだって。

とんでもねー!昨日今日大型犬飼い始めたわけでもないでしょに!



このことが産後まもない私にとって思った以上にストレスだったらしい。


その日の午後くらいからものすごい勢いでマタニティブルーになった。



マタニティブルーっていうのは繊細な人や完璧主義者がなるもので

無神経な自分には縁のないものと思っていたが…。


なんでもないようなことが無性に悲しかったりイライラしたりする。

ちょっとしたことでなんだか泣けてきたり。


甘えたくてくっついてくるいっくんに

「今はるちゃん抱いてるんだからあっち行って!」とキツイ言葉をかけてしまう。

ホントはいっくんに優しくしたいのに感情がコントロールできずに

逆のことをしている自分が歯がゆく、それがまた、悲しい。


そんな感じでどんどん頭が煮え煮えになっていって


夕方、とうとうトイレでぶったおれてしまった。



そのままその日はずっとこんな精神状態で、布団に入っても

クヨクヨうじうじと泣きながら眠りについたが


「マタニティブルーは一過性のもの」とはよく言ったもので

朝起きたらいくぶんか気持ちがすっきりしていた。



お産という大仕事のあとには、こういうココロの問題も出てくるんですねぇ。

で、やっぱりそんな時に大事なのは家族の理解とサポート。


奥さんが産後落ち込んでいる時は、世のだんな様方、

「がんばれ」ではなく「無理するな」と言ってね。







◆ランキング参加中◆


   
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています

↑今は心身ともにげんきです。

妊娠中に、妊婦のリカちゃんについての記事 を書きました。


コウノトリ宛のハガキを送ると後日赤ちゃんが届けられる、

ということだったのに1ヶ月近くたっても届かないので

タカラトミーに電話してみたら、「確認します」と言うので

いったん通話を切って待っていると3時間後くらいに電話かかってきて


「大変遅くなりまして申し訳ございません、

 発送手続きはすでに済んでいるとのことで

 もうしばらくお待ちいただければお手元に届きますので。」


とソバ屋の出前のようなことを言われたよ☆




てな訳で電話をしてから二日後に届きました、リカちゃんのお子さん!

以下ネタバレになります。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009052713180000.jpg

↑こわれもの






ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009052713220000.jpg

↑おくるみに包まれてみの虫状態です






ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009052713220001.jpg

↑同封されている母子手帳(裏はただのボール紙)

 と妊婦リカちゃんのお腹をはずす鍵



妊婦リカちゃんのお腹はこの鍵を使うと取り外し可能になっていて

赤ちゃんが生まれてからは普通サイズのリカちゃん服も着られるのです。


あと、お腹が小さくなってから穿くちっちゃいパンツも同封されてました。





ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009052713370000.jpg

↑お腹もスリムになり我が子を抱くリカちゃん

(右は取り外したお腹とマタニティ用パンツ)



いつのまに成長してたのかパーマなんかかけちゃってオトナなリカちゃん。

設定上は11歳なのに。

ママは小学5年生。(古ッ)


いっくんは男の子ながらままごと大好きなので

赤ちゃんにミルクあげたりして喜んで遊んでいます。


はるちゃんが大きくなったらやっぱりこれで遊ぶかな。

今のうちに普通サイズのリカちゃん服買っておこうか…







◆ランキング参加中◆


   
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています

でもリカちゃんファッションにもやっぱり流行りすたりがあるかな

おかげさまで産後の肥立ちもよく、母子ともに元気です。


で、この「産後の肥立ち」という言葉ですが

おとうさんは、そして私も以前は

産後の『日経ち』だと思っていました ヾ(@°▽°@)ノ アハハハハハ


だって「ヒダチがいい」って「経過は順調」って意味だよね?

私達夫婦だけ?みんな知ってんの?恥ずかすー。








◆ランキング参加中◆


   
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています

↑イラスト描く時間がないなぁ

普段寝るときは、ベッドにいっくんとおとうさんと私が

3人「川の字」に寝て、はるちゃんはベビーベッドに寝ている。


最近おとうさんが風邪をひいた。

クイーンサイズのベッドにシングルの布団を2枚並べてるんだけど

いっくんと布団を共有しているおとうさんはいつも

寝相の悪いいっくんに布団をはがされているので寝冷えしたらしい。


なので新生児にうつさないようにしばらく別室でひとり寝ている。


はじめはいっくんと2人でベッドに寝ているんだけど

はるちゃんの授乳の時は添い乳をしてそのまま寝てしまったりするので

『「川」の字』だった並びが『「小」の字』になった。(いっくん・私・はるちゃん)


はるちゃんが泣くと「どしたどしたのー」といういっくん(寝言)。

授乳してる背中に寝ぼけて抱きついてくるいっくん。


いや~2人目産まれても、上の子もやっぱりかわいいわ。







◆ランキング参加中◆


   
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています

やっぱり家に帰ってくると

引き続き家事全般をおとうさんが引き受けてくれてるとはいえ

産院にいた頃みたいにのんびりとはできませんね。

ブログのチェックとか、更新とか (^^ゞ


昨日、出産後初めてパソコン開いたら

入院中のコメントが80件もあってびっくり!

全部じっくり読ませていただきました、ありがたや~。




今日はお七夜でしたが

午前中はおとうさん方の親兄弟、

午後は私の親戚がはるちゃんを見に訪ねてくれて

お披露目に終始して特にお祝いしなかったから

明日、実家でみんなとお赤飯と鯛の尾頭付きを食べます。




ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1

↑入院中のスケッチ。

 こんなの描いてる時間もあったのねぇ。






◆ランキング参加中◆


   
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009051311400000.jpg
本日おうちに帰ります。

明日退院の予定だったんだけど
これ以上おとうさんに主夫させるのは大変なので
先生にお伺いをたてて一日繰り上げてもらった。

麻の葉模様の着物で帰ります。
はるちゃんはシャバに出てから初めてのおうちだ!

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009051211540000.jpg
妊娠中に作ったガラガラにはまだ興味なし。



産んだらもう痛みから解放されるかと思うとそうは問屋がおろさねぇぜ。

まず、何ヵ月も重り抱かえて生活していたから
その重りがなくなっても腰やら足の付け根やら骨盤なんかがまだまだ痛い。
これは産後体操するとかさらしで締めるとかしないと
あとあと響いてくるって、おお怖。

そして赤ちゃんが出てきた出口もまだヒリヒリ。
そりゃ赤子とはいえ人ひとり通ってるんだもん痛くもなるさ。
いっくんの時は会陰切開したからそれを縫った跡がずっと痛くて
(今回は切らずに済んだ)
退院してもしばらくは円座なしでは座れなかった (*_*)

それから一番しんどいのが子宮伸縮の痛み!!
昔の人がいうところの『あとばら』ってヤツですね。
痛みって我慢できるのとできないのがあると思うんだけど
これは我慢しにくい痛みに入るでしょう!個人差だろうけど。

赤ちゃんがおっぱいを吸うと子宮に刺激が伝わって
お腹がキュウ~…ッと…初期の陣痛そっくりの痛みが…。
そりゃ本陣痛に比べたら屁のつっぱりにもならんけど
比べたところで痛いもんは痛いもんねぇ。


あと母乳が順調に出だしたからおっぱいが張るようになってきたけど
これは嬉しい痛み、分類でいうと耐えられる方。
飲んでもらうとスッキリするのもまた快感 (´∀`)

張るといえば顔もはれてきた。
いや違うこれはむくみだ。
足先なんかパンパンでクリームパンみたい。
じわじわとお産疲れが体にも出てきてるのね。
今朝鏡見たら目の下にクマまで…イヤーン!

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009051110510000.jpg
昨日は母の日だったので、出産祝いも兼ねて
おとうさんといっくんが花束を持ってきてくれました。
部屋が明るく華やかになりました。



病院産だったいっくんの時は、授乳時間になったら
ガーゼとか持っていそいそ授乳室に行き
手洗い、消毒の後に乳首も洗浄綿で拭いて
砂時計で5分計りながら左右二往復授乳、
前後の体重変化を比べて足りない分をミルクで補充
…って感じでしたが
ここでは基本的に「欲しがったらあげる」なので
並んで寝てる時に横で泣いたら
そのまま寝チチ(添い寝した状態で授乳)しちゃう。

病院ではきっちり3時間おきで、
赤ちゃんが寝てたらわざわざ起こして授乳したりしてたので
退院後もそういうもんだと思ってしばらくは
時計を見ながらおっぱいあげてたけど
「これでいいんだ~」と目からウロコ。

赤ちゃんに吸ってもらうことでおっぱいも出るようになるから
最初は出が悪くてもすぐにミルクを足さずに根気よく吸わせる。
時間気にしてやるよりこっちのがいいな、私は。

乳首にも自浄作用があるから消毒もなし。
楽チン~ (´∀`)

どちらのやり方が正しいかとかはわかんないけど
ズボラーな私には断然助産院スタイルが向いてます。

あとゲップも別に無理にさせなくていいんだって。

いっくんの時はゲップが出ないからって
半泣きで30分以上も背中ポンポンしたりしてたな~ (^o^;)

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009051017510000.jpg
おとうさんがブログのコメントを
プリントして持ってきてくれました。

皆さんからのあたたかいメッセージを読んで
かなり産後エネルギー充電できました p(^-^)q


赤ちゃんには産後、K2シロップというのを
哺乳瓶で飲ませるんだけど
(完全栄養といわれる母乳に唯一足りない栄養を補う)
ちょうどいっくんが来た時に赤ちゃんが起きたので
「いっくんが飲めしたげゆ~!」と張り切る兄に
哺乳瓶を持たせてあげました。

そしたら赤ちゃんがんちゅんちゅ飲んだのが
よっぽど嬉しかったようで、
お茶とかも哺乳瓶であげようとする。

「だっていもうとがもっとのみたいのみたいっていってゆでしょ!」

言ってないってば~
なんか兄として目覚めたのだね。

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009051011080000.jpg
パッケージのマークが逆さまから見ると
バカボンのパパに似てる。

そんな事考える余裕も出てきました。

だいぶ落ち着いてきました。

おとうさんといっくんが帰ってから
赤ちゃんと並んで小一時間ほど眠ってたみたいです。
助産院ではお産直後からべったり同室。
幸せ~。

私は出血がけっこう多かったらしいけど
(トータルで1リットルくらい出たって。リットルて。)
産後の興奮からか気分的にはとても元気で
ごはん(梅ぼしおかゆ)も座ってペロリと平らげました。

血もついてないきれいな体で産まれてきてくれた赤ちゃんは
麻の葉模様の産着で今横に寝ています。

今朝はまだお腹の中にいたのに。
すごいなぁ。

産まれましたー!!!!



14時25分!


女の子です!!


今おっぱいくわえてます、カワユスだぁ。





ちょ

ちょっと待って

子宮伸縮でまだ痛いのです。

3分間隔

少し前にまたおしるしあり。

内診やマッサージ、足浴してるうちに
いい感じに張りが来た。

今、分娩室(といっても畳の間に布団敷いただけの部屋)で休憩中。

すぐ近くの台所で天ぷらあげる音聞きながら横になってる。
入院中の人の食事を作ってるんだな。

なんか「暮らしの中でのお産」て感じでいいなぁ。

とうとう予定日まで持ちこたえちゃった。


切迫早産て言われても早くに出てくるとは限らないのね~

ホントお産は毎回予測がつきません。


おとといくらいから毎晩前駆陣痛はあるんだけど

なかなか感覚が短くならない。(寝つくとおさまっていく)

お腹の張りもいい感じにきてると思うんだけど~。


前駆陣痛で痛がっていると、いっくんも

「あかちゃん、もうでようかなーておもってうんじゃない?」

とお腹にすりよってきます。

うんうん、キミも待ち遠しいんだね。


ダンナはダンナで、夜中に落ち着かず何度も起きてしまい、

私がいびきかいて寝てるのを見て「まだか…」と思うそうで。

いや、私もちょくちょく目覚ましてるんですよ…

体力温存するためにぜ谷間に熟睡するように体がなってるんだよ。

さて今日ははりきって助産院に行って

いよいよお子さんに出てきてもらいますぞ!

おっぱいマッサージで刺激するぞー、足浴で汗流すぞー、

階段昇降だってしちゃうぞースクワットばっちこーい。


だって早く会いたいんだよーう。






◆ランキング参加中◆


   
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009050813570000.jpg


写真は裏山の散歩道。

家から1分でこのロケーション。


出産予定日は明日に迫っているというのに

お腹のお子は出てくる気配がないので

ちょっと山歩きしてきた。


石段100段くらい登ったけどこない陣痛。

張りはけっこう頻繁にあるんだけどなぁ。


実は1週間前に褐色のネバネバしたおりものがあって

「おしるしだ!」とそれからずっと覚悟はしてるんだけど

なかなかじらしてくれるぜぇ。


そういえばいっくんも前日まで全然なんともなくて

予定日ぴったりに生まれてきたな。


このままいくと今度の子も予定日ジャストかなぁ。





…ん、またお腹張ってる?






◆ランキング参加中◆


   
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています

先日のいっくんの「明日産まれてくる」発言は

あっさりはずれ、まだ赤ちゃんはお腹の中にいます。へこー。


「ホントはいつ産まれてくるのさ」と聞いたら

「さんじかんまえ」と言われました。

そうかー、3時間前にもう産まれてたのか、

おかあちゃん気づかんかった。


---



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1



いっくんのときも腹毛が濃くなったなー。

そのくせ眉毛は薄くなったりすんだよな。


『うちにあかちゃんがうまれるの』という本があって

その表紙がお母さん(妊婦)のお腹に娘が寄り添ってるんだけど


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-『うちにあかちゃんがうまれるの』表紙


最初に見たとき

「こんな妊娠線も正中線もない毛も生えてない

きれいな腹した妊婦がいるかぁぁ!」

思ったものですよ。(^▽^;)


これ、撮影用にすごくライト当ててるだろこれぇ。





◆ランキング参加中◆


   
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています

コウノトリやキャベツ畑を子どもに聞かせる親も

今時いないのでしょうが、ウチもいっくんには

お腹の赤ちゃんのことを割とありのままに話してます。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009050407080000.jpg


なのでいっくんはお腹の中にいるおとうとかいもうとが

「さかさまにはいっている」

「でてくるときはおかあさんのおなかが痛くなる」

というようなことをなんとなく理解している様子。


「あかちゃんは、はだかぼんぼんで出てくるの?」

(※はだかぼんぼん→はだかんぼとすっぽんぽんが混じってます)

と聞いてきたり、まだ見ぬきょうだいに興味津々のお兄ちゃんです。



昨夜はおなかに耳をあてて

「あしたうまれていくからね、っていってる」

と言っていました。きゃーホントにー。






◆ランキング参加中◆


   
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています

ウチに私と同じく妊娠中のリカちゃんがいます。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2009050314230000.jpg


このマタニティリカちゃん、もともと私が買って持ってたもの。

同梱されているハガキを、タカラトミーの『こうのとり係』に送ると

後日赤ちゃんと母子手帳、それからリカちゃんの大きいお腹を

取り外せる鍵なるものが届くのです。

(お腹を取り外すと普通サイズのリカちゃん衣装が着られる。)


片づけしてたら出てきて、いっくんが喜んで遊ぶので

(「赤ちゃんどうぞ~」と言いながらスカートをめくって

 お腹に直接哺乳瓶をあてがったりしている。これ私にもやる)

出さずにそのままにしていたハガキを先日投函してきました。


この赤ちゃんが届くまでに1~2週間かかるとのことだけど

10日前くらいに出して未だ届かず。

連休入っちゃったし、こうなってくると

私のお産が先かリカちゃんの赤ちゃんが届くのが先かってとこですね。


お産ばっかりは予測不可能だから

自分自身のことでもどうなるか~。


ちなみにリカちゃんのお子さんは定形外郵便で届くそうです。

英語では出産のことも配達のことも「DELIVERY(デリバリー)」

というけど、まさに、って感じ。郵送…。







◆ランキング参加中◆


   
ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-「押して」と言っています