ぷにんぷファミリー 前川さなえオフィシャルブログ(旧:ぷにんぷ妊婦)

大変だけど楽しい毎日の子育てを、 元・似顔絵師のママがボチボチと綴っていきます。 泣き虫男子の「いっくん」とわがまま姫の「はるちゃん」。 2人の子供との涙あり笑いありの物語です。 ぷにんぷ妊婦〜育児編〜 前川さなえオフィシャルブログ http://puninpu.com/

2008年08月

姪たちを連れて遊園地のプールへ行った時の話。


1






長島スパーランドのジャンボ海水プール。

今年からスパキッズ という室内こどもプールがオープンした。


入れるのは小学3年までのこどもとその保護者のみなので

いっくんくらいの幼児でも楽しめる遊具がたくさんある。



まずいっくんが手始めに向かったのは

ジグザグすべりだい。


ここでいっくんは思い切りよくひっくり返って

いきなり水を飲んでしまった。


2




その後に行ったのはアクアデッキエリア。

ここでは高いところにある大きなバケツから

大量の水がザバーンと落ちてくる。


ここでも頭からその大量の水をひっかぶり

鼻に水が入ってケホケホしていた。

3




その後も挑むアトラクションでことごとく

ひっくり返ったり水をかぶったりしていたので

いっくんちょっと水が怖くなってきたご様子だった。




そこでちょっと屋外に出てみて、

ゆったりと流れるプールでたゆたってみることに。


私は後から流れるプールに入ったので

うしろからいっくんの様子を見てみると

4


なんかすごく叫んでる。


「あ~やっぱり流されてるだけでも怖いのかな」

と前に回って顔をのぞいてみると


5


めっちゃ喜んでた。


その次に行った波の出るプールも大喜び。

お子ちゃま専用プールでは満足しなかったわけね。


この日空はあいにく小雨交じりの曇天だったけど

あまり楽しそうなのでぶっつづけて遊ばせていたら


6


いっくんの唇がむらさきに!

いやこの日寒かったんですわー。

おかげで人は少なかったけど。


プール内にあたたかい温泉プールがあるので

そこで体を温めました。




その後遊園地にも移動し、乗り物にもいろいろ乗って

たっぷり遊んだ一日でしたが


7


ふりかえってみるといっくんが結局のところ

一番よろこんだのは




8


池での鯉のエサやりでした。


池というより鯉だな、というくらい

鯉がエサに群れて水面が口だらけ。

エサを投げ入れるとそれがバシャバシャパクパク

するのがおもしろかったみたいです。


こどもってそんなもん。



鯉・鯉・鯉


バチャバチャ




◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

メリーゴーランドは怖くて乗れないいっくんが

「押して」と言っています。

先週、小学生の姪っ子を連れて

遊園地のプールに行っていました。




市民プールならのあちゃん家族と一度行ったけど

その時いっくんはまだ水着持ってなかったので

ちょっと水着っぽい肌着でごまかしていた。


1




水着といえば私もしばらく着ていない。


持っている水着は恐れを知らぬセパレートタイプ。

2


おとうさんの水着と一緒に押入れの奥から引っ張り出し、

さすがに買ってから何年も経ってるから

ちょっとサイズ合わなくなってるかしらと

部屋の中で着てみたところ…。




3













4


いや、別にね!

購入した当時はメリハリボディだったなんて

わけじゃないんだけど、ないんだけども!!




いくらなんでもこれは。

((゚m゚;)


腹がのっかってるのに加え、脇の肉なんかも

収まりきれずにはみ出してるし

そのくせ胸は授乳で枯れたのでガバガバだし。



出産直後からまったく

体型戻ってなーい!


o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪アハハアハハ




おかあさんも買うか!?水着。

た…タンキニっつーの?

お腹目立たないヤツ!


いやおかあさんはいまさらどうでもいい。

当日Tシャツ着てればいいし。

今年買うべきはいっくんの水着です。




いっくんは今(1歳11ヶ月現在)90サイズの服を

着ているのですが、水着は100サイズを選びました。


5


今年もうプールそんなに行けないだろうし

子どものモノって大きいの買っといたほうが

間違いなさそうだから。





さていっくんも買ったばかりの水着をさっそく着てみると…




6



なんでー!

なんで大きいの買ったのに腹出るんだよ!

上着の裾を引っぱって下ろしても

だんだんめくれてきちゃう。

あれだ、おかあさんが水着のショートパンツを穿いて

歩くといつの間にか太ももに圧迫されて

裾の生地がめくれてくるのと同じ原理だね

ってやかましいわ!




◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

メタボリ君が「押して」と言っています。

寝かしつけのため2階に上がるおとうさんといっくん。


おやすみのあいさつをして私はお風呂へ。


1




服を脱いでいると階段の方から

いっくんの泣き声が聞こえてきた!

2





3



続いておとうさんの驚いたような声が。




まさかまた階段から落ちでもしたか!?



4


↑頭をよぎる最悪の状況


風呂場からあわてて階段へ行ってみると…








5


階段の柵に頭がはまって
抜けなくなっていた (´Д`;)




この柵の間隔は一見子どもが抜けられそうなので

いっくんが歩き始めた頃みんなで頭が通るかどうかやってみて

全員柵のすき間より頭の幅の方が大きいことを

ちゃんと確認したはずなのです。



6




それからおとうさんとふたりがかりで

いっくんの頭救出作戦開始!


7




もちろんむりやり引っこ抜こうとすると痛がる。

頭の角度をひねったり、位置を上下させたりしても

かならずどこかがつっかかってしまう。



その時2人は同じことを考えていました。


「柵、切るか…」


あとレスキュー隊な。

だって私たちのやり方では痛そうなんだもん。(_ _。)

一生抜けないかもとか思った。



いろいろやってみてなんとか抜けました。



8




どうやってはまって、どうやって抜けたのか

わかりませんが、あらためて

『子どもは何をするかわからない』

ということを思い知りました。


あ、いっくんに特にケガはなかったです。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑ハプニングに見舞われた(いや自己責任)

 いっくんが「押して」と言っています。

昨日実家に携帯を忘れてた。




もともと重症な鳥頭(3歩歩くと忘れる)だったけど

最近、特に忘れ物が多い私。


そもそも昨日実家に行ったのは、

鍵を忘れて家を出てしまい、その後に出かけた

おとうさんが帰るまで家に入れなくなったので

それまで実家にいさせてもらったんだけど

そこで翌日参加する牛乳パック工作講習に使う

材料を忘れてきてしまい、それを取りに

再度実家に行って帰るときに

携帯を忘れてきてしまったのです。


1日に3つも忘れてる。

ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ アハハハハハ


細かいことーは気にすんな

それわかちこわかちこー。




ばぁばぁ(私の母)が机の上に置きっぱなしの携帯に

最初に気がついたらしいんだけど


1




2



意味ねー。


遺伝かようっかり。



じぃじぃにつっこまれて自分のアホうっかりに気づき、
自宅電話に連絡してくれたので

またまた取りに出向きました。




これがもー携帯忘れるのは日常茶飯事で

家の中でさえよくなくしたりするんですが

まあ別に2,3日手元になくても

メールも電話もめったにないからいいんだけど

友達いないから、ってやかましいわ!






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑今回出番のなかった息子からのお願い

 「押して」と言っています。

いっくんがレゴブロックでひとり遊んでいる。


最近は上手にブロックを組めるようになった(´∀`)




そのうち「こえ。わんわ、てーつ(これはわんわんです)。

うーわんわん」とか言いながらブロックを動かしだしたので

お、犬を作ったのだなと思い、完成品を見せてもらうと…










作品タイトル「わんわ」






「犬」要素ゼロ。

(((゜д゜;)))

なんかちょっと怖いし。



これは多分おとうさんが作ったものからの

アレンジ作品だと思うのですが、

予想外に前衛的だった息子の芸術性に

ルネッサーンス (チーン)。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」 ←「押して」と言っています。

最近おとなのやることはなんでも

自分もやってみたいいっくん。


にゅにゅ(牛乳)をつぎたいと言ってきた。


1


子どもがやりたいと言う事は

できるだけやらせてあげたい!


少しくらいこぼれたっていいじゃないか、

すぐ拭けばいいだけのことよ、

そう、少しくらい…



2



こりゃまた景気よくこぼしたもんだぁ!

まったく着地点まちがえてござす。



あああっというまに

机の上は見たことないくらい真っ白になりました。



3


さらにどんどん床にもこぼれるにゅにゅ。


はじめにスタンバッていたふきんでは

全然間に合わなかったので

あわててぞうきんタオルを持ってきて

拭くというより吸わせてなんとか処理しました。

(机も床もくさい)



びったびたのタオル(×3)。



「確か…牛乳でフローリングを拭くと

ピカピカになると聞いたことがあるな」



とそのまま廊下に行って拭き掃除を始めてしまった私。



くさい部屋に戻るといっくんは

ひとり座っておとなしく牛乳を飲んでいた。












わきゃねーんだよ

щ(゚Д゚щ)








4



くさい部屋に戻るといっくんは

ほがらかにきなこを床にぶちまいていたのだ!


畳の目にきなこが入るよ~・°・(ノД`)・°・



「…畳の掃除は茶ガラを撒いて

ほうきで掃くといいのよねぇ」



そして始まる掃き掃除。




知恵袋的掃除法を2つ実践した日。







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」 ←「押して」と言っています。

ある夜、家事をしているといっくんが呼びに来た。






1







月を見てキレイだと思う感受性、


それを一緒に見ようと言ってくれるやさしさ。




う~ん心がほっとするなぁ :*:・(´∀`)・:*:




いつもおともだちを泣かせまくってる悪童と


同一人物とは思えないなぁ。






AB型のいっくんはホントにそのときそのときで


コロコロ性格が変わります。






ジキルとハイドというか。






三つ目がとおるの写楽くんというか。






ドラゴンボールのランチさんというか。






聖闘士星矢の双子座ジェミニのサガというか


(も…もういいか)








ジキル博士の時にはおともだちとも仲良く


遊んだりするんですけどね~


自分が持ってるおもちゃに手を出されたりしたら


速攻ハイド氏が出てきちゃうんですよね。




でも子どもってそんなもんだよね。


え、うちの子だけ?


そんな、誰かみんなそうだって言って!












◆ランキング参加中◆





   


訳:「押して」
←「押して」と言っています。

いまだに友達とかから

「いっくんのケガもう大丈夫?」

と聞かれたりします。

(『階段から落ちたいっくん 』参照)




ご心配をおかけしましたm(_ _ )m




ええもうすっかりキズの方もよくなって、

まあその日の夕方にはピンピンしてましたけどもね。

階段から落ちたのなんて忘れたように

毎日元気いっぱいに遊びたおして、

日々新しいキズを増やしています。




この間近くの保育園に遊びに行ったとき


1



保育士さんがホースの水をいっくんに向けて遊んでいた。




いっくんもはしゃいで逃げ回ってたんだけど…



2


前見ないで走ってたので

そのまま鉄棒に激突、

反動で倒れて

後頭部を打つ。




まあこんな感じでしょっちゅう

ちょっとしたケガをこさえてますね。



最近じゃ「ただ転んだ」だけでは動じなくなりました。



慣れって怖いね☆(頭打ったりしたときは別よ!)








◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」 ←「押して」と言っています。

夕方暗くなってから、玄関灯にトンボが飛んできていた。


1

2

3

4


おかあさんもうこれ以上提供できる情報ありません!

ヽ(;´Д`)ノ



最近なんでもかんでも「なんでー?」と聞くようになりました。




「出かけるよー」

「にゃんで~?」


「パンツ換えようか」

「にゃんで~?」


「もうすぐご飯だからね」

「にゃんで~」




さらに



「いっくん、つみき上手に積めたね!」


「にゃーんーで~?」





にゃんでもくそもあるか!

(;°皿°)ムキー




そんな感じで一日中なんでなんで言ってます。


おとうさんの口癖が「なんで」だからそれもあるのかな?

でもなんかいろいろ知りたいお年頃なんでしょうね。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」 ←「押して」と言っています。

あいかわらずあばれはっちゃくないっくんですが


1



我が家にはチャーリーくんという猫もいて

やっぱりチャーリーもいっくんに迫害を受けている。




なにせ気分屋であるので

ごきげんな時はかわいがってるんだけど


2



いじめたい気分の時には


3

『猫』呼ばわり。


もうおじいちゃんなのに、かわいそうなチャー坊。




そんな目に遭ってるので、チャ-リーはきっと

いっくんのことは好きじゃないんだろうと思いきや

いっくんが昼寝してると添い寝してたりして、

私がヨメに来る前から我が家の住人(?)である

チャーリーにとっては、やっぱりいっくんは

息子とか孫みたいな存在なのかも。


いたずらされてもじっと我慢してるんですよねー。







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

  ↑

「押して」と言っています。

ガールフレンドののあちゃん にメロメロパンチのいっくん。


一緒に遊んだ日なんかはバイバイした後も

ずっとのあちゃんのあちゃん言ってる。




ちょっと出かけようとしても


1

「のあちゃんちに行くならおいていかないで」

と玄関まで追いかけてくる。




「いっくん今日はどこ行って遊んだの?」

「なあちゃん!」

「なにが楽しかった?」

「なあちゃん!」


この調子 ヽ(;´Д`)ノ




あげく


2









3


なわけないやん。


犬だ犬。




おかあさんちょっとジェラシーです(1歳児に)。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」 ←「押して」と言っています。

なんぴとにも怖いもの知らずで向かっていくいっくん

(おもちゃ取られたりしたときだけね)


そんないっくんをおとなしくさせる女の子が

おともだちの中にひとり…いる。


1

のあちゃんといっくんは


いっくん   「なあちゃんドキドキ

のあちゃん 「っくん音譜


と呼び合う仲だ(呼び合ってるのか?)!


のあちゃんは歳も近く家もご近所で、

のあママもママ友を作るのがめちゃ苦手な私が

仲良くさせてもらっている数少ない相手なので

よく一緒に遊んだりしているんだけど


どうもこののあちゃんにいっくんが

Zokkon 命(Love) のご様子。(シブがき隊)


同じくらいの月齢の子には

常に傍若無人にふるまういっくんが

のあちゃんの前では てれて Zin Zin なのです。

(竹本孝之のデビュー曲)



私が何度言ってもかぶらない帽子も

のあちゃんが持って来れば素直にかぶる。



しかものあちゃんにはなんと…


なんと…


自分のおやつを

分けてあげるのです!!


2


えっ


だからどーしたって?


いや食い意地の権化であるいっくんには

これすごい事なんですってば。




そんな感じでのあちゃんには

メロメロであるらしいいっくんなのですが


のあちゃんはいっくんに対して

どんな態度を示しているのかというと…。




先日一緒に遊んでいたとき


3

のあちゃんのボールを貸してほしいいっくん




4


ほほえんでボールを差し出すのあちゃん




が…




5






6






7


いっくんを振り返りつつ笑いながら

ゆっくり逃げていくのあちゃん


そしてなんだかうれしそうに

おいかけるいっくん



なんか…あしらわれてるよな、いっくん…。

(*´Д`)=з


でもそんな状態がまんざらでもない様子。

まったくもう。




魔性の女の素質を秘めた?のあちゃん。

1歳でそこまで骨抜きにされてどーする、いっくん!



---



◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

  ↑

「押して」と言っています。

疲れを知らない子どものように(子どもだっつの)

夏の暑さにも負けず毎日元気いっぱいのいっくん。


ありあまるパワーを発散させるため

午前中の家事をある程度犠牲にして

朝から近くの保育園や児童館によく遊びに行っています。




おとうさんが仕事で出ているときなんかは

お弁当持って行ったりもしますが

たいていお昼前には帰るので

園にいる時間は1時間から2時間足らずくらい。




その短時間でいっくんは

おともだちを5人泣かせました。

(;´Д`)


1


おかあさん謝り疲れ。 (ノДT)




いっくんがおともだちを泣かす理由としては

2


1.おもちゃの取り合い


3


2.遊具の順番争い




4


3.自分の前に立たれた




などです。最後のがもう。

何様なのでしょうか。





帰ってからおとうさんにその暴れっぷりを報告しました。


5




するといっくんは


6


身振りを交えて

武勇伝を語りだした
(゜д゜;)


なんでほこらしげやねん。




おとうさんはさすが男親、

「で、勝ったの?」なんてことを聞いてきましたが

泣かせた相手には年下や女の子もいると

話したら「お前ー…最低だぞ」と言っていました。


ほんとにもう自分よりちっちゃい子を泣かせて

うれしそうにしゃべってんじゃないっつの (-"-;A




まだ相手にいじわるしてやろうとか考える

月齢ではないと思うので、手が出るのも

「このおもちゃが好きだから取られたくない」みたいに

ちゃんと自分の意思があるんでしょうけどね。


こういう子供同士のケンカって叩いたらやり返されるとか

横取りしたら相手が泣いちゃうとか、

それで遊んでくれなくなるなんてなことで

社会性を身につけるという面もあると思うので、

私としては危なくない限りはやらせておくのですが

ケンカというにはあまりにも一方的に

いっくんがおともだちを泣かせてる場合が多い(^o^;)

(たいていやり合いになる前に

相手のおかあさんが仲裁に入るので)

やり返してきてもいいんだけどな~


でもこういう時、他のおかあさんも同じ考えとは限らないので

おかあさんと相手の子にはちゃんと謝っとく。

ここんとこは気をつけてます (b^-゜)






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

  ↑

「押して」と言っています。

本日で息子は1歳と11ヶ月に、

そしておかあさんははたちと96ヶ月になりました。


そう私今日誕生日。




とはいっても・・・



1


そろそろバースデイだからといって

はしゃぐ年でもなくなってきたので

「食事を外で」というおとうさんのお誘いを辞退して

あえて普段どおりの一日にするつもりでした。




そしたらねー、もうおかあさんびっくり。


仕事で出かけていたおとうさんが

でっかい花束抱えて帰ってきたんですよ!




花

どーん。





大きさ比較

↑大きさ比較のための息子(フルチン)



やー、おかあちゃんになっても女ですもの、

こんなにいっぱいお花もらっちゃったら、

うれしいに決まってるじゃんねー。

不覚にも涙ぐんじゃったよさ、思いがけずだったもんでよ。


おとうさーん、好きだ。



でも普段そんなにたくさんの花を生けることがないから

その花が全部入るような花瓶がなかったのですね。



2


しかたないので代用品を・・・と選んだのが



3

よ・・・よく洗ったから大丈夫よ、ホントよ。

(なんか値打ち下がった気がしたのは事実ですが)




おとうさんはケーキも買ってきてくれていました。



4

ろうそくは、20代ということで2本 (´∀`)




さあ火をつけて、ハッピーバースデイを

歌いますよ~o(^▽^)o


あれ、いっくんに渡したろうそくは?



5

おまえはなんつーか

お約束なヤツだなもう!

ヽ(`Д´)ノ



ろうそく湿っちゃってなかなか火つかなかったよ。


---


誕生日おめでとうのコメントやメッセージを

くださったみなさん、ありがとうございました!

すごくうれしかったです (≧▽≦)

ギガントウレシスです。





寝室では夫婦がダブルベッドに寝て

いっくんはたいていベビーベッドに寝かせています。


1





おとうさんといっくんが先に寝てて

後から私がベッドに入ったとき・・・

2

おとうさんが寝言を言った ( ´艸`)


内容がまったく意味不明だったので

こっそり笑っていたら


3


いっくんが返事した(寝言で)

Σ(・ω・ノ)ノ!



おかあさんびっくりした~

確認したけど二人ともマジ寝なんだもん。



ひょっとして同じ夢をみてたのかな?





Q. これはなんと言っているのでしょうか?


2





一応用意していた答えは・・・


2



「いっくんは 牛乳を飲んでまーす」




でした!





ちょっと簡単すぎたかな~。


コメントしてくれたみなさん

ほとんど正解でしたねヽ(;´Д`)ノ





5



ここ数ヶ月で一気にことばが増えたいっくんは

自己紹介ができるようになった。



1

「いっくん でーす」 と言っています。










ではこれはなんといっているでしょーか!


2





レッツ シンキング タ~~~イム!






『熱血AD宣言!』より




正解は後日。





クイズ番組で見た問題をおとうさんに出してみた。




1










2



こえーよ(°皿°;)




※ 正解は玉子の焼き加減





パンツを脱がしておくと

たまにおまるで用を足せるようになったので

家の中ではよくフルチンのまま過ごしているいっくん。


そのままつみきで遊んだり絵本を読んだりもする。



1






それでときどきちんちんが

絵本のページにはさまれてたりする。



2






しおり?