ぷにんぷ妊婦〜育児編〜 前川さなえオフィシャルブログ

大変だけど楽しい毎日の子育てを、 元・似顔絵師のママがボチボチと綴っていきます。 泣き虫男子の「いっくん」とわがまま姫の「はるちゃん」。 2人の子供との涙あり笑いありの物語です。 ぷにんぷ妊婦〜育児編〜 前川さなえオフィシャルブログ http://puninpu.com/

疲れを知らない子どものように(子どもだっつの)

夏の暑さにも負けず毎日元気いっぱいのいっくん。


ありあまるパワーを発散させるため

午前中の家事をある程度犠牲にして

朝から近くの保育園や児童館によく遊びに行っています。




おとうさんが仕事で出ているときなんかは

お弁当持って行ったりもしますが

たいていお昼前には帰るので

園にいる時間は1時間から2時間足らずくらい。




その短時間でいっくんは

おともだちを5人泣かせました。

(;´Д`)


1


おかあさん謝り疲れ。 (ノДT)




いっくんがおともだちを泣かす理由としては

2


1.おもちゃの取り合い


3


2.遊具の順番争い




4


3.自分の前に立たれた




などです。最後のがもう。

何様なのでしょうか。





帰ってからおとうさんにその暴れっぷりを報告しました。


5




するといっくんは


6


身振りを交えて

武勇伝を語りだした
(゜д゜;)


なんでほこらしげやねん。




おとうさんはさすが男親、

「で、勝ったの?」なんてことを聞いてきましたが

泣かせた相手には年下や女の子もいると

話したら「お前ー…最低だぞ」と言っていました。


ほんとにもう自分よりちっちゃい子を泣かせて

うれしそうにしゃべってんじゃないっつの (-"-;A




まだ相手にいじわるしてやろうとか考える

月齢ではないと思うので、手が出るのも

「このおもちゃが好きだから取られたくない」みたいに

ちゃんと自分の意思があるんでしょうけどね。


こういう子供同士のケンカって叩いたらやり返されるとか

横取りしたら相手が泣いちゃうとか、

それで遊んでくれなくなるなんてなことで

社会性を身につけるという面もあると思うので、

私としては危なくない限りはやらせておくのですが

ケンカというにはあまりにも一方的に

いっくんがおともだちを泣かせてる場合が多い(^o^;)

(たいていやり合いになる前に

相手のおかあさんが仲裁に入るので)

やり返してきてもいいんだけどな~


でもこういう時、他のおかあさんも同じ考えとは限らないので

おかあさんと相手の子にはちゃんと謝っとく。

ここんとこは気をつけてます (b^-゜)






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

  ↑

「押して」と言っています。

本日で息子は1歳と11ヶ月に、そしておかあさんははたちと96ヶ月になりました。そう私今日誕生日。とはいっても・・・そろそろバースデイだからといってはしゃぐ年でもなくなってきたので「食事を外で」というおとうさんのお誘いを辞退してあえて普段どおりの一日にするつもり

寝室では夫婦がダブルベッドに寝ていっくんはたいていベビーベッドに寝かせています。おとうさんといっくんが先に寝てて後から私がベッドに入ったとき・・・おとうさんが寝言を言った ( ´艸`)内容がまったく意味不明だったのでこっそり笑っていたらいっくんが返事した(寝