ぷにんぷファミリー 前川さなえオフィシャルブログ(旧:ぷにんぷ妊婦)

大変だけど楽しい毎日の子育てを、 元・似顔絵師のママがボチボチと綴っていきます。 泣き虫男子の「いっくん」とわがまま姫の「はるちゃん」。 2人の子供との涙あり笑いありの物語です。 ぷにんぷ妊婦〜育児編〜 前川さなえオフィシャルブログ http://puninpu.com/

ウチに「ぐ~チョコランタン」のあいうえお練習ボードがある。よくある、『あ』ならあひるとか『い』ならイチゴとかのイラストがボタンごとに描かれていて押すとその文字をボードが読み上げてくれるというヤツ。 おさがりで譲り受けた時から接触悪かったけど最近『う』の横列

ウチに「ぐ~チョコランタン」のあいうえお練習ボードがある。


よくある、『あ』ならあひるとか『い』ならイチゴとかの

イラストがボタンごとに描かれていて

押すとその文字をボードが読み上げてくれるというヤツ。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1

おさがりで譲り受けた時から接触悪かったけど

最近『う』の横列が全然鳴らなくなって

ちょっとしたゲームができる機能も

ほとんど反応しなくなっていたので

しばらく2階の物置部屋にうっちゃってあった。



で、片付けていた時にそれがでてきたので


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


とおとうさんに聞いてみると


おとうさんが少し前に2階に上がったとき

物置部屋から声が聞こえる。

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


誰もいないはずの薄暗い部屋から

どうして声が聞こえてくるのかと不思議に思い

部屋の中を探してみたおとうさん。




ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4




『トイストーリー』的な?

しばらくほっとかれてボードも寂しかったのかしら~。




ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-5


実話です (((゜д゜;)))

ONになっていたのなら

どこか押したままの状態になってたとかね、

でもOFFだぜ、こえー!


そんなわけで無慈悲に捨てることができなくなり

市のボランティア団体がやってる

おもちゃの病院に入院させました。


正常に動くようになったら、まあ

いっくんがまた遊ぶなり、欲しい人に譲るなり…ね。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑『捨テナイデ』とか言い出しませんように

今朝いっくんが玄関出てすぐ派手に転んだ。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


下コンクリートだったのでおでこに痛々しいすり傷が (´Д`;)



さてここで傷口のケアについて

おとうさんとおかあさんの意見が異なる。

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


おとうさんは「傷口かわかす」派。





ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


おかあさんは「傷口覆う」派。




転んだ直後は血もにじんでいたので

いっくんが触らないように絆創膏を貼っていたけど

お風呂の時おとうさんがはがしたので

そのあとおかあさんがまたガーゼをはろうとする、

おとうさんいらないよと言う。




ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4

でも言ってる間にもう治ってるし。

治癒力はえー。



ちなみに水ぶくれも

おとうさん→つぶす派

おかあさん→そのまま派



※おかあさんがやろうとしているのは

 いわゆる『湿潤療法』ってやつですが

 ホントは消毒せずに水で汚れを洗い流すだけとか

 ラップなどにワセリン塗って貼り付けるとか

 正しいやり方がちゃんとあります。

 おかあさんのは悪い例です。f^_^;

 






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑鼻ぺチャなのでそっちのキズは軽かった。

片付けキャンペーン続行中。


過去の自分はバカなのかと思うくらい

空き箱やら空き瓶やら

大事そうに保管してあったのが出てくる出てくる。

銀行の紙袋なんかいつ誰に使うつもりなんだ。


これらも大量に処分だ!ていッ!

(勢いが大事、こういうのは)



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1



き…

キレイな柄の包装紙は捨てちゃなんねぇ!


そりゃその包装紙使ってちょっとしたギフトを

オシャレにラッピング、なんてことはしないさ、

でも捨てることはできないんだ!



なぜ?


それはおかあさんの幼少時の体験による。




幼稚園の工作の時間、

紙で作ったお人形に顔を描いたり

自分で作ったお洋服を着せてあげる

というのがあったらしい。

覚えてないけど写真が残っている。



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4


↑その時の作品がコレ。


後にイラストレーターとなる片鱗が

微塵もないという事実はさておき

これ、スカートは包装紙で作ってるんだけど

よくみると、





ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


浜乙女。どーん




海苔の包装紙じゃん!

きっと各家庭で色紙や包装紙を

用意してきてくださいねってことだったと思うんだけど

なぜ娘にコレを持たせた、母!


よしんば商品名や店名などが印刷されてなかったにしても

この柄はなんだ、絞りのプリーツスカートはいてんのかこの子は!

渋いわー!柄のチョイス渋すぎ!

家の中ちゃんと探したかー!?

この海苔の包み紙しかなかったのか当時の実家!?

それとも何種類かある中で私がコレを選んだのかー!


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


まあそのことでいじめられたとか何か友達に言われたとか

そういう記憶はないので当時は別に

なんともなかったんだろうけど

大人になった今アルバムでこの写真を見ると

なんだかいたたまれなくなるというか。


だからジャスコとかの包装紙までは残してないよ。

これはちょっと気が済むまでおいとかせてくれ。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑同じ理由でリボンやひもも捨てられない。

 (そういうのも工作に使いそうじゃん)

今おかあさんはにわか『捨て魔』になっている。


きっかけはまあ「捨てる技術」系の本を

図書館で借りて火がついたんだけど

いっくんが生まれた頃に引っ越してきて

未だに整理されてない荷物が

2階の和室と子ども部屋(今使ってない)に

どんと残っているのだ。


2人目が生まれる前に片付けておきたい!


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


引越しの際は仕分けもクソもなく

前の家にあるものぜーんぶ持ってきたので

片付けの大半は「不要品を捨てる」こと。


いらないものが山のようにあるのです。


夫婦とも捨てられない性格(貧乏性)なので

なるべく感情を殺して捨てる!捨てる!



今まで捨てるに捨てられなかったモノのひとつ、

VHSのビデオ!山ほど出てきた。


これらもまあ今後見ることないのがほとんどだろうし

アナログだから置いておくだけで劣化するので

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


それでも残しておきたいものは

DVDに落とすということで

(DVDも廃れる運命なんだけどうちブルーレイまだない)
絞られた数本のビデオのダビング作業にかかる。


と久しぶりにビデオデッキの電源を入れて

ビデオテープを差し込むと

なぜか再生せずに出てきてしまう。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


何度やっても「ウィーン」と変な音を出して

ビデオテープを吐き出してしまうので

おかしいな?と抜き取ろうとしたら

中でなにか引っかかっていたらしく

記録テープがビローンと引き出されてしまった (ノДT)



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4


直す自信はないけどとにかく

ビデオテープをちゃんと取り出すため

デッキを分解することに。


ネジで留められただけの簡単なフタを

外して中を見てみると、ひっかかっていたのは…



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-5


なんていうんだ、会場アンケートとかゴルフのスコアとか
書くときに使う、あのちっちゃい簡易エンピツみたいの。


それがでてきた。



いつから入ってたのかは知らんが

犯人はひとり!( ̄へ  ̄ 凸



まあビデオテープの差込口なんて

こう押したらパカっと開いてさ、

なんか入れてみたくなるのは分かるけどね~


どっちにしろ過去の悪行をここで戒めても

なんで叱られたのかわかんないだろうし

(この年では現行犯でないとダメか?と思うのですが)

エンピツ取り除いたら難なくデッキも動いたし

これからはやらないでね~。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑オシャカになったのがおとうさんの保存版テープでなくてよかった

実家でプラレールが動かなくなった時、じいちゃんが


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


と言いながら電池を交換してくれたので


魔法の呪文「ちちんぷいぷいの ぷい」があれば

どんなおもちゃも動くようになると思っているいっくん。

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


でも我が家には電池で動くおもちゃがあまりないので

ただのぬいぐるみやぜんまい駆動のミニカーを

「ぷいぷいのぷいして」と持ってこられても困ってしまうわけで。


しまいにゃ


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


猫 持ってきた。


おいおいチャーリーくんが暖房の前で

動かなくなってるのは電池切れのせいではないし

そもそも猫は電動式ではないのだぞ。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑朝おかあさんがなかなか起きないのも電池切れではない

今日もいっくんは歌っている。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


でも何を歌ってるのかは分からない。(゜д゜;)




おとうさんと2人で聞いてても何の歌やら。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2



でも最後の一言でわかりました。



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


(エロ)詩吟でしたか!(=◇=;)


テレビをつけてるとどーしても

覚えて欲しくないことばかり覚えちゃいますな~。

なるべく見せっぱなしにしないようにしてるけど

大人が見たいんだもん、レッドカーペット。







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑最近は「なんだかちょういちぇしょうなちがすう~」も言う

 (「なんだか今日イケそうな気がする」の部分)

2月3日、節分ですな。


毎年作っている恵方巻きを

今年も恵方に向かって無言で食べました。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1



さて、この数日、いっくんは

はっきり言って鬼におびえていた。



スーパーの節分コーナーなんかに

鬼の面が飾ってあるので

「イイ子にしてないと鬼がくるよ」と言ってたら

予想以上に効果アリでよく言うことを聞いてくれてたので


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


よくないとは思いつつ親のほうもすっかり

脅し育児が定着してしまってたもんで。



オバケも虫もこわいビビラー(すぐビビる人)のいっくんだけど

今いちばん怖いのはなんと言っても鬼!オニ!おに!!



恵方巻きはたくさん作って

いつも実家でみんなと食べるんだけど

ごはんよりばあちゃんと遊びたいいっくんが

あんまり食べてないのに幼児雑誌を読み出した。


「いっくん先にごはん食べちゃいなよ」と言っても

「やーだーもーん」とか言ってしらんぷり。



時は来た。( ̄へ  ̄ )



私が赤い割ぽう着を着ていたので

用意していた赤鬼のお面をかぶって

廊下から飛び込んできた。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3



その時のいっくんの顔…









ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4


あんな目見開いたとこ見たことない (^▽^;)



目に涙をいっぱいためて

必死で豆をぶつけてきました。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-5

豆を投げながら

「オニのおかーしゃんはあっちってー!」

とか言っているので、正体バレてる?と思ったら

どうもおかあさんが鬼にとりつかれてるとか

そういう認識だったらしく、お面を取って

再び登場した時にはケロリとして

「おかーしゃんごはんかべよ(食べよう)」と

すり寄ってきました。


そしてホントにちゃんとごはんを食べだした。

う~んナマハゲ効果おそるべし。


まあでもあまりおびえさせるのはかわいそうだから

「鬼が来るぞ」は来年の節分シーズンまで

封印することにします (´0ノ`*)



その夜家に帰ってからの会話はずっとこんな感じ。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-6





ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-7






ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-8






ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-9


何回言うねん! (;°皿°)



よっぽど怖かったのか、

「もう退治したから鬼は来ないんだ」ってことを

自分で何度も言い聞かせてるみたいでした。







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑ホントにこの会話20回以上繰り返した

歌が大好きないっくんは

よく「○○うたってー」とおかあさんに

リクエストをしにくる。



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


でもこんな↑感じでタイトルが曖昧だったりするので

ご要望にお応えするのに推理力を要求される場合が多い。




例1:歌詞をフィーリングで伝える


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2



おかあさん考え中 砂時計




ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


コレは『おかあさんといっしょ』でやってた

『フニクリ・フニクラ』の替え歌(?)ですね。


「♪5年はいても破れない 強いぞ 強いぞ」

の部分を完全に雰囲気だけで捉えてます。





例2:本人正しく歌ってるつもりで歌えてない


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4


おかあさん考え中 砂時計




ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-5


『アンパンマンたいそう』です。

(↑1番と2番の歌詞チャンポン)


タイトルを言ってくるのでなく

自分で歌ってみせてくれることも多いけど

まともに歌えてることは少ない。


「♪すーきー」でのばしてきて

「♪なひとと」と早くなるのが2歳児には難しいのでしょうか。


ちなみにこの曲の「♪ほら かがやくよ」のところは

いっくんに歌わせると「♪かががやや くーよー」になる。

「が」も「や」も1個多い!







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑ 「ちゅーちちん」は「羞恥心」

いっくんとお出かけ。

路地裏をゆく。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1



しばらく歩いていると




ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2



おや?

いっくんの背丈が急に縮みました。



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


いっくんは何が楽しいのか

側溝の中を歩くのが大好き (´□`。)


もちろん水の流れてない側溝だけど

まあ道路にうろうろ飛び出されるよりは

安全かもしれないなと好きにさせておくんだけど



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4


ちょうど側溝と体の幅がフィットするサイズなので

上着がまあー汚れるよごれる。


溝の壁面を体でこすりながら歩いてるようなもんだもんなー。


あと壁とファンヒーターの間に

入るのもやめてほしい、おなかがほこりだらけになるから。

え、フィルターをこまめにそうじしろ?

スイマセン。(´д`lll)







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑猫と子どもは狭いところが好き

おむつはまだ外れないいっくんだけど

トイレという場所はどうやら好きらしい。


おかあさんがトイレに入ろうとすると

ついてきて自分も入ると言う。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


一緒にトイレにこもって何をするかと言うと

基本的にはいっくんは「見守っている」。



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


私のマネをしているんだろうけど

「おしっこしたら教えてね」と言って

ずっと寄り添ってくれているので

一応終了後「出ました」と申告すると



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


「どれどれ見せてごらん」と便器を確認し


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4


ほめてくれる。(・・。)ゞ

これもやっぱりいっくんがトイレでできたときに

私がほめるののマネ、口調もいっしょ。


っていうかさ、


おかあさんはちゃんとできるんだから

人のしつけしてないで

いっくんが早くおむつはずれてよ!

ヾ(。`Д´。)ノ






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑「トイレでおしっこするのはよいこと」ってのは理解してるんだな

トイレトレーニングというものを

ほとんどしていないのですが

夏ごろは一応普通の布パンツを穿かせていた。


外出するときは布おむつだけど

家ではたいていパンツだけかフルチンで

もらしたら拭く、って感じ。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1

特に先回りしておまるに座らせるとか

もらした時に叱るとか全然しなかったけど

それでもたまに「ちーでうー」と自己申告してくれたので

時々はおまるやトイレで成功する時もあった。


もらしてもなにも言わないけど

ちゃんとできた時は大げさなくらいほめてたら

だんだんトイレでする回数も増えてきて


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


やる気マンマンでうんこに挑むことも多く



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


まあ↑こんなんがほとんどだったけど


徐々に『トイレでうんこ率』が上がってきたので

「これはこの夏でおむつは外れる…!」

と密かに思っていたのでございます。


それがなかなか期待通りにはいかないもので

イマイチ「もうおむつとって大丈夫!」というところまで

行き着かないまま涼しい季節になってしまった。

さすがにフルチンでは寒いかなと

布パンツにズボン、という下半身スタイルに。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4

トイレでもときどきしていたけど

やっぱりまだまだもらすことは多くて

洗濯物は増えたけど、いっくんは

長ズボンがおしっこでぐっしょり濡れるのが

やはりフルチンでじょーっと出すより

ずっと気持ち悪かったようだったので


この不快感を解消したいと思うようになれば

「これはこの秋でおむつは外れる…!」

と再び思っていたのでございます。


がー、やはりそれ以上は発展せず

(つまり時々トイレ、時々ぐっちょりのまま)

ますます寒い季節になってしまった。



そしてあるきっかけから

おかあさんは「家でもおむつ」に立ち返った。



だってこたつを出したんだもん。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-5


今までは「もらしたら拭きゃいい」と思ってたけど

こたつ布団におもらしされたら「拭きゃいい」じゃ済まない。


洗うの大変、冬だから乾かない

その間こたつ使えない…いやー!


モロにおしっこされたら

タオルドライとファブリーズでは

とても処理しきれないでしょう。



スイマセンおかあさんは

主婦としての手間を嫌がって

いっくんのトイレトレーニングを断念しました。


まあハナから『トレーニング』と呼べるようなことは

していないのでまた暖かくなったら

とりあえずまたパンツを穿かせようと思います。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑あせらないあせらない

※今回トイレの話なんですが

 そういうの苦手な方はお気をつけください。

 (-"-;A


いっくんが最近にはめずらしく

「うんでる(うんこ出る)」と申告してきたので

おむつをのぞかせてもらうと


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


もう頭が見えていたので(出産か!)

あわてておトイレに連れて行った。



補助便座にまたがらせると

しばらくうーんときばっていたが

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


本人は「でた」って言ってるんだけど

それにしては落下時の「ポチャン」って

音が聞こえなかったので「まだじゃない?」と

そのまま座らせていたら

「でたもん、だって」と言う。


う~ん?

確かに匂いはしてるし、プー(おなら)だけ出たのかな?

でもあそこまでうんち出かかってて、

またひっこむってこともないと思うんだけど…。


「でたーでたー」と言い張るので

いっくん抱き上げて確認してみた。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


すると…!

(さあこっからキツイ内容ですよ)













ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4

(あえていっくんのみシルエットでお送りしています)


いっくんの尻から

ピンポン玉大のうんこが

ぶら下がっている!

( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚




しかもゆすっても落ちないんだこれが (´д`lll)

尻とうんこをつないでいたのは

消化しなかった…しめじ。


どうもしめじのかさが肛門でひっかかってたらしい。

いしづきが上に来ていたらこうはならなかったであろう。

(いやもうホントに汚い話ですいませんスイマセン)


ええと、うんこwithしめじは

ペーパーでつまんでひっぱって取りました。



そんなわけでいっくんの

新しいあだ名が決定。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-5


今後よろしく(しないって)。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑振り子時計くんに応援クリック!

寒い朝、いっくんが叫ぶ。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


「シータ、シータ」って、パズーかお前は(ラピュタ)。


これは「ヒーターつけて」と言ってるんだけど

いっくんは「ひ」の発音がよく「し」になるんですね。

江戸っ子だねどうも。



あと…

「ドキンちゃん」と「あひる」と言おうとした時

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


になっていたので、おかあさん思うに

ははーん「ハ行→サ行」・「カ行→タ行」

ってわけだなと踏んでいた。


その法則でいくとたとえば「引き算」は

「しちざん」になるわけやね。


と思っていたんだけど


「ご飯食べる」は


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3

になっていた。

「た」が「か」に…。


法則なんてないな。

少なくともいっくん語にはないや。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑でも「ばいきんまん」はやっぱり「ばいちんまん」

いっくんや祭りに行ったときやテレビとかで

太鼓を叩いてる人によく反応するので

パーカッションセットを注文した。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


↑タンバリンとセット



子供用のおもちゃおもちゃしたようなのはイヤだったので

ちゃんと牛革で仕上げてある、ちっちゃいけれど本格的なヤツ。


音もちゃっちくないのでよくおとうさんと2人で

ファミリーコンサートが行われる。

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2





ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3





ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4





ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-5





ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4





ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-6



いつまでたっても先に進まず。


(ジャマイカンの『BANANA BOAT』ですね)






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑おかあさんが加わる時はおとうさんはギター

朝や夕方、家事が立て込んでる時の強い味方

教育テレビでは『ピタゴラスイッチ』が

目下いっくんのお気に入りですが

(テレビにお守りはさせたくないと思いつつつい…)


『バケルノ小学校ヒュードロ組』と『ストレッチマン』は

いっくんにはこわいらしく、オープニングが始まると

自分からテレビを消してしまう。(助かる)


おかあさんからしたら「なにが怖いんだ?」って感じだけど

まー私も子どもの頃『にこにこぷん』の

かしの木おじさんとか怖かったしな。



たしかにNHKのキャラクターって

「子ども向きの番組でなぜ…」というような

デザインのものって、けっこうある。


たとえば『えいごであそぼ』の


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


↑こいつ。



いや、右のぎゅうひみたいなヤツはいいんだけど

左のゴミにしか見えない彼 (・Θ・;)

(おとうさんはズバリ「ゴミすけ君」と呼んでいるが)


どうもかわいいとはいえない…と思うんだけど。

子どもの目にはどう映ってるんだろう?

そもそも何者なんだ。宇宙人か?



ところでこの2人の名前、ケボとモッチ


モッチはビジュアルからして「餅」から

とってるのかなと思ってたんだけど

「ケボ」はなんだろう…とずっとわかんなかったんですね。


英単語でそういうのがあるのかとも思ったけど

ならモッチを日本語からとってるのは変かな?と。



いっくんが『えいごであそぼ』を見てる横で

そうじをしながらそんなことを考えていて

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


ふとひらめいた。







ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3





なんてまさかね~と思いつつ

検索してみたら本当にそうだった


アートディレクションを佐藤可士和氏が

手がけてるのは知っていたけど

キャラクターデザインもやってた。


さすが「日本の広告界を牽引する

トップアートディレクター」の仕事は違いますなぁ。


でもやっぱりかわいくない…。

(モッチはかわいいよ)






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑なぜ「毛ぼこリ」と「モチ」!?

家の鍵をよくカバンの中で行方不明にしてしまうので

クリップで留められるキーホルダーを通販で買った。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1

カバンにつけたままで鍵をつないだリードが伸びるので

なくすこともなく片手でも使えて便利。



このキーホルダーをいっくんにこわされた。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


実はコレ壊されるの二度目。

分解してなんとか直して使ってたんだけど

うっかり机に置いておいたらまたやられた…(ノ_-。)

前に「もう無理にひっぱったりしないでね」と

言い聞かせてはおいたけど

こんなおもしろそうなもんがあったら

そりゃ遊びたくなるのがコドモ。

「言っといたのに!」と怒ってもしょがない。




さて、アニメ『アルプスの少女ハイジ』に

ハイジがおじいさんのチーズ作りを

手伝いたいという話がある。


おじいさんはミルクをかき混ぜる作業を

ハイジにまかせて用事に出てしまうんだけど

自分から手伝うと言い出したのにハイジは

ヤギに気を取られてミルクを火にかけたまま

森へ行ってしまう。


帰ってきたハイジが見たものは

鍋の焦げつきをナイフで削っているおじいさんの姿。


おじいさんはハイジを一言も叱らず

「いいんだよ ハイジ

 おじいさんが悪かったんだ

 お前にこんな事を頼むのが無理だったのさ」

とだけ言う。


おじいさんが自分を責めなかったことが

ハイジには余計哀しく、涙するハイジ…。



そのエピソードが『深イイ話』で取り上げられていて


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3

という締めで1分間にまとめられていた。




閑話休題。


(そ)の罪を憎んで其の人を憎まず。

ここでいっくんをしかりつけるより

手の届くところにさわられたくないものを

放置しておいた自分が悪かったと考えるべきだ。



そこでいっくんには


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4


とだけ言った。






ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-5


いっくんも自分が悪いことをしたとわかってれば

叱られないことで逆に反省するではないだろうか

そうハイジのように…!




ところがいっくんの反応はこうだ。

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-6


「そうだよいっくんさわりたくなるから

 おかあさんが置いておいたらダメでしょう?」



罪悪感ゼロ (°д°;)

いや開き直ったというか…。




『深イイ話』ならこのコメントで締めましょう。


いっくんは「責任転嫁」を知った。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑おんじの教育方針は2歳児には早かったようです

高校の同級生から何人かで集まって

お茶しましょうとのお誘い。


いっくんも連れて行くつもりだったんだけど

おとうさんが「いっくんは見ててあげるから

ゆっくり息抜きしておいで」と言ってくれたので

お言葉に甘えてひとりで出かけることに ( ´艸`)


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


そう私「早く帰る」と言って出たはずなのに

主婦4人寄れば話題は尽きず

喫茶店に2時間以上居座っておしゃべり (;´▽`A``


おとうさんのおかげで久しぶりに

のんびりした時間を過ごせました。アリガトウ m(_ _ )m



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


私が昼過ぎに家を出て

それからいっくんは3時前まで寝てたと言うので

それくらいだとちょうどおやつの時間だなと思い



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3


あんパンね (^-^)


いっくんも「あんぱんまんのおかお、かべた(食べた)」

とかおはなししてくれたので

「そうか~よかったね~」なんて聞いていると



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4


と言い出した。


何言ってるか最初は分からなかったけど

おとうさんのあわてぶりでピンときた。



アイスも食べたんだな (-゛-;)


いや、アイスを食べたことはいい。

問題は

ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-5


ってことだ!



問い詰めたら(そんなたいそうなこっちゃないが)

昼寝から起きておやつにあんパンを食べた後

2人でショッピングセンターに遊びに行って

そこでソフトクリーム食べたんだって。

ちなみに「もーもーのあいしゅ」→牛=牛乳のアイス

→ソフトクリーム のことかと思ったら

期間限定の「桃のソフトクリーム」のことでした。


なぜこっそり2人の秘密にしようとするか~ヾ(▼ヘ▼;)

私だって鬼母じゃないんだからそれくらいで怒らないって!



「食べたかったのはおとうさんの方なんでしょ」

「違う違う~」なんて夫婦のやりとりを

聞いていたいっくんは



ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-6


はやばやと責任逃れ (;´Д`)ノ


「う、うそだよう~」とおとうさんは弁解してましたが

もちろんいっくんも大喜びでソフトクリームに

かぶりついていただろうことは母わかってます。








◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑「男と男のヒミツ」ってヤツでしたかい?

いっくんが小さな木のおもちゃをいれている

きんちゃく袋からコロコロどんぐりが出てきた。


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-1


基本的にどんぐり、落ち葉、生花は

お外で遊ぶように言ってるんだけど

スキあらば持ち込んでくるので注意が必要だ。




ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-2


だからまだ袋に入ってたら没収するつもりで

「なぜどんぐりを家に入れちゃいけないか」を

説明しつつ中身を机の上に出すと




ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-3












ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-4



ほら言ったじゃんーーー

(=°ω°=;ノ)ノ


ホレ見たことかと言わんばかりのタイミングで

やっぱり入ってました、虫さん。


久しぶりに本気で叫んでしまった。


私、けっこう虫関係平気なほうなんだけど

家の中っていう予想外の状況で

急に出くわすとやっぱりすごくビビッた~。



袋の中にはたくさんどんぐりが入っていたので

食べ物には困らなかったのか

まるまる太ったそのイモムシくんは

それでもじっとして動かなかったので

「死んでるのかな…」と少し冷静になった

おかあさんがマジマジと観察していると


ぷにんぷ妊婦  *ブログで描く我が子の毎日*-5


再び本気の叫び!


いわゆる冬眠状態だったのかな、

暖かい部屋に出て目が覚めたのか

しばらくしたら動き出したので2度びっくり。



もともと虫が苦手ないっくんは

コレきっかけでどんぐりをおうちの中に

入れるのをやめましたとさ。


結果オーライ、めでたしめでたし。








◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑甦生したイモムシくんは外に逃がしました