ぷにんぷファミリー 前川さなえオフィシャルブログ(旧:ぷにんぷ妊婦)

大変だけど楽しい毎日の子育てを、 元・似顔絵師のママがボチボチと綴っていきます。 泣き虫男子の「いっくん」とわがまま姫の「はるちゃん」。 2人の子供との涙あり笑いありの物語です。 ぷにんぷ妊婦〜育児編〜 前川さなえオフィシャルブログ http://puninpu.com/

今日実家にいるときにいっくんがうんちしたのでおむつを替えようとしたら激しく拒否された。最近家ではパンツでいることが多いので おむつ〈特に紙)を嫌がるようになっちゃった。と言ってばあばあにすがるいっくん。無理やりはかせようとしても上手に体をひねって逃げちゃう

今日実家にいるときにいっくんがうんちしたので

おむつを替えようとしたら激しく拒否された。


1

最近家ではパンツでいることが多いので
おむつ〈特に紙)を嫌がるようになっちゃった。




2


と言ってばあばあにすがるいっくん。


無理やりはかせようとしても

上手に体をひねって逃げちゃうし

力ずくで押さえつけてはかせても自分で脱いじゃう。


でも今日はパンツ持ってきてないしねぇ~。




仕方ない。




3





というわけでトイレで自分のパンツを脱いできて

いっくんに見せてみた。〈虐待じゃないですよ)


4

いっくん承諾。


(正直「えっいいの?」って感じだったんですが)




なんかパンツ〈私の)見たらおとなしくなったので

ホントにそれをはかせる事にした。


5


もちろんぶかぶかだったので

はじっこをひっぱって結んでおく。




さてこれでよし、と正面を向かせてみると



6



( ゚з゚):;*.':;


出てる出てる、一番出ちゃいけないとこー!


結び目をつくるために引っ張りすぎたー(´Д`;)

これじゃ「尻隠してタマ隠さず」やがな〈下品!)



…結局いったんパンツに足を通したことで

気が済んだらしく、その後おとなしく

おむつにはきかえてくれました。めでたしめでたし。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑性的虐待じゃないですよ…(- -;)

先日の記事


「いっくんが聞いたことない歌を歌ってた!

6

 これは胎内の記憶に違いない!!」


と書いたら、コメントに



「先日、ペネロペが歌ってました。」



という〈申し訳なさそうな〉書き込みが。







1



(°Д°;≡°Д°;)





えっそうなの!?

いっくんがおなかの中で作ったんじゃにゃーの?

元ネタNHKアニメ?



「もしかして、いっくん見てませんでしたか?(´・ω・`)」


って、確かにその時間帯は

私が夕飯の支度をしているので

いっくんは教育テレビを見ていることが多いです。


というか

初めて聞く歌のはずなのに
妙にすんなり耳に入ってくるのよね~とか

思ってたんだけど、何のことはない

私もきっと台所で聞こえてたんだわ (´□`。)


2


う~んそうかぁ

話ができすぎてるとは思ったんですよね~。

兄貴の誘導尋問説が胸によみがえる…


いや、全然いいんです!いいんですけど

ちょっぴり残念だったかな!

将来はシンガーソングライター!?とか思っちゃってもうバカーン



やっぱり子どもに胎内の記憶を聞き出すのは

難しいのかしら…


なーんてことは全然思わなくてヾ(@°▽°@)ノ

歌のことはいっくんの脚色だったにせよ

やっぱりいっくんなりに覚えてることを

おかあさんに話してくれたんだってことは

今でも信じてるです!






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑にょ~ろにょ~ろ

先日、お義姉さんに

「いっくんに、おなかの中にいた頃のこと

覚えてるか聞いてみたことある?」

とたずねられた。


胎児の頃の記憶を覚えてる子っているらしくて
小さいうちに上手に聞き出すと

けっこう話してくれることがあるらしい。


でも聞くタイミングがむつかしくて

こちらの言うことをちゃんと理解できて

自分の意見をうまく言葉にでき、

それでまだちゃんと胎児の記憶が残ってる

って時期はほんのわずかなうちなんだって。



実は少し前に私もいっくんに

その話題をふってみたことがあったんだけど




1


ハイ 会話終了~


って感じだったので、

以来特にこっちから聞いたりすることはなかった。


ちなみにお義姉さんの話では

姪っ子も期待するような問答にはならなかったらしい。



それがお義姉さんとそういう話をした翌日の朝

目が覚めてもベッドの中でだらだらしながら

いっくんとお話してたんだけど

ふと昨日のお義姉さんとの話を思い出して



2

とつぶやいたら





3



おお!


これは…まさに聞き時ってヤツじゃない!?



いっくんの過去を聞く時、それは今!




さっそくいっくんの方に向き直り、

「いっくん、おかあさんのおなかの中にいたとき、

どんな感じだったの?」と聞いてみた。

すると


4


と言う。



はあ…なるほど

胎内では羊水に浮かんでるんだもんな。

まわっているような感覚だったのかもしれない。




続けて

「じゃあおなかから出てくるときはどうしてた?」

と聞くと


5



歌…。


うーんちょっとやりとりがずれてきたのかなと思っていたら

いっくんが急に歌いだした!



6


今まで聴いたことのない歌だったので

「そのお歌、ばあちゃんとかに教わったの?」

と聞いても「ちがーう」と言う。

「テレビで聞いた?」「ちがうもーん」


「いっくんが ちゅくったの」と言い張るので

「おなかの中で考えたの?」と聞いたら

「しょう!」と言ってまた歌いだした。


そうか…。


いっくんは歌いながら産まれてきたのか…。


確かにいっくんの産声は新生児のわりに

すごく大きかったけどね

あれって歌ってたんだ、気づかなかったなぁ。





私の兄の考察によれば、

こういうのは聞く側が無意識に誘導尋問的な

聞き方をしてるんだろう、と言う。

こちらの望む答えを言ってくれるように

気づかないうちに道を作っちゃってると。

で、答えに対しても都合よく解釈してるってとこが

あるんじゃないかと言うんですね。


またそんな冷めたことを…。(-゛-;)




そういわれるとそういうとこあったかもしれないけど

でもやっぱりいっくんはちゃんと覚えてて

おかあさんに話してくれたんだと思いたいな。



私にとっての十月十日が特別であったように

いっくんとしてもおなかの中でのその期間が

大切な期間だったと思ってくれてたと

思いたいじゃないですか母親としては、ねぇ。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑例の歌は「にょろにょろヘビさん」と命名(まんまや)

シャツの襟を持ち上げて顔を隠し


1


…とやってみせるといっくんが喜ぶ。


〈襟ぐりが伸びちゃうからあんまりやりたくないんだけど)




そのうち

「いっくんも しゆ~(する)」と言って

自分も襟の部分を持って顔を覆ったいっくん。

2







3


ちょっと待てー!Σ(゚д゚;)


なんでさっきまで普通の顔してたのに

隠れて出てきたらいきなり鼻ちょうちんつけてんだよ!

無意識かお前!いやわざとだろ!

絶対ウケ狙いでやってるんだろー!






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑にゃいにゃい ばぁー

いっくんに「でかけるよ」と声をかける。


1




いっくんは最近オノマトペに凝っている。




2

なんでもやたら擬音を使いたがるのだ。


ちなみに上の場合だと

歩きながら口で「てくてく」と言う。




ただクリスマスツリーの「ぺぱぺぱ」なんかもそうだけど

表現が独特なのでなにのことを言ってるのか

わからないことも多い。




たとえば。


実家の和室に陶製の猿の置物がある。

こいつが目がギョロついててちょっと不気味なので

「このお猿さん、こわいなー」って私が言ったら


3



これはどうやら「にこにこしてるよ」と言ったらしい。


おかあさんが怖がっていたので

「ニコニコ笑っているから怖くないよ」と

なだめてくれたようです。にょく…。




そんないっくんが先日なにかを報告しに来た。


4

にゃーくんというのは愛猫のチャーリーくんのこと。


チャーリーくんが、べーべーべー?

なんじゃらホイ。


すぐに理解できなかったので

「いっくんチャーリーくんがどうしたの?」と

聞いてみると今度は

ジェスチャー付で言ってくれた。


5


…そういえばさっきチャーリーくん

外に出て草食べてた!





6


「べーべーべー」じゃなくて

「げーげーげー」って言ってくれれば

すぐにわかったのに~。







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑「ちきちき」クリックしてね

急に寒くなりましたね。


寝るとき布団がひゃっこいです。


1



おかあさんは末端冷え性なので

布団に入ってもなかなか足先があたたまらない。

体が冷えてるとなかなか寝つかれないんですよね~。


2





3


布団から出るのはイヤなので〈寒いから)

眠くてグズグズになっているいっくんを

自分の横に沿い寝させて抱いていたら





4


赤ちゃんや幼児って眠い時や寝ているとき

すっごいあったかい!

ほこほこのいっくんにくっついてたら

すぐに私の体も温まって

快適に眠ることができました。




冬場は一緒に寝るか!






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑これほどエコな暖房器具もあるまい

いっくんが寄ってきて「パン」と言っている。


1


食パンを出してあげようとしたら

「ちゃうー〈違う)」と言う。


そしてまた「パン!パン!」と繰り返す。



「なんだやっぱり食べたいの?」

「ちゃうの!パンよう!」



2


パンをくれと言ってるわけではないみたい?


そういえばさっきから握った両手を

一生懸命突き出して見せているな。



…あ。


3













4


おててをパンに見立ててたのか… (・・;)


うん、ロールパンに、見えなく、も、ない。


クリームパンかな?




…ていうか何それ、キミの持ちネタか?




いっくんの意図に気づいたので

その手を「カプリ!」と食べてみせたら

とても喜んで、それ以降パンごっこをよくやる。



5



でも赤ちゃんや幼児の手ってプクプクしてて、

グーにするとげんこつにえくぼできたりして

ホントに食べちゃいたいくらいかわいいですよね~。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」 ←「押して」と言っています。

少し前にクリスマスツリーを出しました。


去年買ったんだけどその頃はいっくん

まだ1歳ちょっとだったので反応も薄く

特に感動もなくただ飾られてるって感じでしたが


今年はさすがになんらかのリアクションあるでしょ!


それ!




1


でけーなおい!



うちのツリー、ちょいと大きめです。


息子がはじめて迎えるクリスマスのために

はりきってしまったおとうさんが去年

「せっかく買うんだからこれぐらいじゃないと!」と

天井ギリギリのツリーを購入したのです。


だのに…


1時間近くかかって出したというのに

今年のいっくんもツリー自体にあまり興味を示さず

仕舞ってあった段ボールやビニール紐で遊んでる (ノДT)


「いっくんツリーだよ、ホラホラ」と呼んでも

あまりこっちを見ようともしない…。



ところがイルミネーションの電源を入れたとたん


2





3


テンションアップアップ!



※「ぺぱぺぱ」というのはおそらく

「ピカピカ」とか「チカチカ」のつもりだと思われます。




なんだか電飾の点滅がいっくんの

琴線にズギュンと触れたらしく(ツリー自体は?)

常にぺぱぺぱしていないと気がすまない。


だから朝寝室から出てきてツリーの

コンセントがささってないと怒られちゃう。

4


朝起きたらお着替えよりおむつ替えより

まずツリーの点灯。




しかしいっくんはクリスマスツリーが

なんのために置かれているのかとかは

まだきっとわかっていないし、

サンタさんという存在も多分知りません。


クリスマスという概念がまだないんだな。


サンタ服も用意してあるんだけど

(これも去年のうちに購入してあった)

さてどんな反応してくれるのかな…。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑プレゼントは何にしよう

いっくんが机の上に絵本を並べていたので

今夜の読み聞かせの絵本を選ばせた。


1





2


ああ、いっくんはねずみくんが好きだからねぇ。


なんつってた直後、いっくんが続けた言葉に

おかあさんはびっくりすることになる。






3







なにその語彙力


「もっとも」って… (゜д゜;)




でもすぐに勘違いに気づく。


4



いや~最近すごい勢いで言葉が増えているので

ホントに「もっとも」って言ったかと思っちゃいました。


なんか使い方合ってるし。




毎日毎日「えっもうそんな言葉使えるの!?」と

驚きっぱなしなので、ある日急に

「よしんば」とか言い出すかも、なんて

考えていた矢先だったので。







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑というわけで今日のご本は「バムとケロのにちようび」

いっくんのガールフレンドのあちゃんが

「おねえさん」になった。


のあちゃんママが2人目を出産したのだ。

おめでとう!!!



というわけで病院にお見舞いに行った。


1


ガラス越しだけど赤ちゃんを見られるというので

さっそく拝見させてもらった。



どれどれ…











2







3







4






3






…か





かわいい!

5


なんじゃこのかわええのは~。


手ちっちゃー、目でっかー。


歯が、歯がないー。

こっち見てる見てる、なあーもーちょっと

かーわーゆーすー。



新生児を間近でじっくり見たのなんて

そういえば久しぶり、こんなかわええもんだったかや。


こんなん見たら早く自分も

ふたりめ抱きたくなっちゃう。




いっくんも大喜びで見ていて

6

しゃっくりする赤ちゃんに爆笑していました。


帰ってからも

「あかちゃん みたーねー」

「かーいーの(かわいいの)あかちゃん とぉーても」

と赤ちゃんの話ばかりしていました。


のあちゃんに会えなかったことなんか

気にならないくらい赤ちゃんが感動的だったようで。




でもねぇ…


「あかちゃん ちーちゃかたねー〈小さかったね)」


と言ってるキミだってちょっと前まで



7


こんなに小さかったんだぞ~。


今では走り回ってるいっくんが

2年前は抱くにも首を支えてあげなきゃいけなかったなんて

なんかウソみたいだな。

なんだかいっくんが新生児の頃を思い出しちゃいました。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑乳腺炎になりかけたことは思い出したくない

1


↑がんばってごはんを食べるいっくん。



いつもやる気まんまんマンのいっくんは

よく意味もなくはりきっている。



「ザ行」の発音がへたなので

「○○だじょ~」とハタ坊のようになったり

「○○だど」とおらぁグズラだどみたいになったりするのだけど


加えて最近ですます調を間違って使ったりするので

上のような変な言い回しになる。






この前なんかは外に出るとき




2



『男おいどん』になっていた。







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑クリックをお願いしますんど~

昨日七五三の記事をアップしたら


「2歳でちゃんとできたなんておりこうですね!」

なんてコメントを数件いただいちゃいましたが







とんでもないことでございます。




もちろん晴れ姿、撮影もしました。


懇意の呉服屋さんが貸衣装もやっていて、

スタジオ撮影もしてくれるのでお願いしたのですが


着付けは多少くにゃくにゃしながらも

横で歌ったりふうせんを持たせたりして

なんとか着せられたのですが


スタジオの用意が整って、待っている間

機嫌よくブロックで遊んでいたいっくんを


1


と抱き上げてセットの前に連れて行くと






2


即逃亡!

殿ー!お待ちくだされ ((((((ノ゚⊿゚)ノ




撮影自体がイヤというより、遊びを中断されたことが

若君のお気に障ったようで(-"-;A



3


と泣き出してしまった。


ちなみに「○○もん だって~」というのは

不満があるときのいっくんの決まり文句です。




こりゃもうむりやり引っ張ってきたところで

撮影にゃならんな…と思っていたその時


カメラマンの人が


4


紙ふうせんで機嫌なおる。


立ち直り早っえー!




その後紙ふうせんでおびき寄せて

セット上には来てくれたものの

逆にふうせんに夢中になってしまって

全然カメラ目線になってくれなかったりヽ(;´Д`)ノ



カメラマンさんがバシャバシャとシャッターを

きってくれたおかげで数枚はいい写りがあると思いますが…

(そのまま神社に行ったのでまだ確認してない)




ところで私はこの日母親の若い頃の着物を借りて

(しかもさらにその母親、だからいっくんにとっては

 ひいおばあちゃんの着物を染め直したもの)

髪型も自分でぺぺぺと簡単にセットして行ったのですが


お参りの時他にも数組着物のおかあさんがいて

みんな付け下げや訪問着などのフォーマルな着物で

頭も美容院に行ったんでしょう、バッチリセットしてありました。


「そうか、こういうイベントは母親が張り切るもんだったのか」

と自分以外のキレイなおかあさん方に見とれてしまいました。


いっくんが主役だからいっくんさえ

きまってればオッケーだと思っていた…。







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑きっとみんな撮影した写真、年賀状に使うよね

いっくんは平成18年生まれ、数えの3歳。



というわけで七五三です。






1







かわい~!!



ちっちゃい子がちっちゃい着物や袴を着てるのって
なんでこんなかわいいんでしょう、

ましてや自分の子、かわいくないわけない!

カワユスだね、ギガント。



いっくんの袴姿はまるで一国の若殿様のよう。

〈親バカフィルター、磨きかかってます)



でも…


2


20歩に1度は袴の裾をふんづけて






3


頭からすっころんでしまったり







4


しゃがんで低い姿勢になれば






5


なれない格好でバランスをくずし後ろに倒れてしまったり






6


神社の境内にいた鳩と対峙して





7


千歳飴ぶんまわして威嚇したり






やっぱりそういう姿は若殿というよりは…






8






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑バカ、いや若!おたわむれを

ウチのすぐ裏は山なのだが

そこは市の所有地になっている。


1


先日家の裏にまわった時、


2


そこの山をやたらハチが飛び回っているのに気がついた。




どうも斜面に穴があいている箇所があって

ハチたちはそこを出入りしている様子。





ん?






3







でもよく見るとこのハチって…









4






…す…






スズメバチだぁあ!

(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)





これは刺されると死に至る場合もあるという

ハチ最強のスズメバチに違いない!


きっとあの穴の中にでっかい巣があるんだ、

こえー!


いっくんが襲われたらひとたまりもない!!!





おとうさんに「間違いなくスズメバチだね」と

確認してもらった上で駆除を依頼しに

市役所へ行きました(巣がある場所は市の土地だから)。




市役所1階のカウンターで

「ウチの裏の市有地にスズメバチが巣を作ってるんですが」

と言うと「では5階の生活環境課へ行ってください」と言われたので

生活環境課に行くと「4階の公園課に行ってください」と言われ

公園課でやっと「では本日中に確認に伺います」と言ってもらえた。


その日の夕方市役所の人が来て写真を撮って帰り、

土日をはさんで月曜日、派遣されてきた人が

また確認だけして帰っていって、さらに翌日

やっとこんな↓人がやってきた。


5




やはり山の斜面に巣を作っているらしく、
中には300匹はいるだろうとのこと。


ハチ駆除を専門にやっている人ではなく、

人材センターから派遣されてきた人なので

巣は輪切りにしながら少しずつ取り除いていたので

丸のままの巣は見られなかったけど

それでも輪切りの断面から想像するに

50cm以上はあったんじゃないかというような

巨大なものでした。実際駆除の人も

「今年取った中で一番大きい」と言ってた。



本職の人は煙でハチを燻り出したりするらしいけど

今回は殺蜂スプレーをガンガン使ってたようです。


6

まだ何匹かのスズメバチが

「帰ってきたのに家がナイ!」と

裏山をウロウロしていますが

そのうちいなくなるでしょう。


なにしろ家族に被害が出なくてよかったです。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑まったくスズメバチやらカメムシやら…

前回の記事 は意外と反響がありましたが

おとうさんは「あれは書いたと同じことだろう!」と

プンスカしてました。ごみんにー。


---


夏の間は毎日のように使っていたビニールプール、

すっかり寒くなってきたというのに

まだウッドデッキに出しっぱなしだった。



1




さすがにそろそろ片付けなければ。




ひとりでビニールプールの空気を抜くのは
大変なので、おとうさんが空気口を持って

みんなでプールの上に乗っかる。


でも全体にまんべんなく体重をかけないと

なかなか空気が抜けきってくれない。


2




と言うといっくんは横に体をずらしただけだったので

中の空気もそっちから移動しただけだった。



3









それを聞き









4


いっくんは頭を使った!



ちがう、ちがーう。


体全体を乗せるために寝そべってみるとか、

そういうことを考えて実行しろって意味だったのに




そんな古典をやれと誰が言うたか。







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑絶対ウケ狙いでやってるだろお前。

ウチにカメムシが大発生 して

いっくんのパンツの中にまで

出没したという話は以前書いた。


3





そんなある朝おとうさんが何か怒っていた。

1




昨夜お風呂上り、パンツを穿いたおとうさんは


2


と違和感を感じたという。








と、次の瞬間!


3



正体不明の激痛がおとうさんを襲った!





なんとカメムシがおとうさんのきn




















4






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑そんなわけでここまで

遅れている仕事があるため、おとうさんに

いっくんを連れて外に遊びに出てもらった。


1

2

3

4




もうこんなんで

いっくんが幼稚園に通うようになったら

大丈夫なんでしょうか私は。

さみしくなって園にのぞき見しに行って

不審者と間違われたりしないようにしないと。






◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑そんなことをやっているからまた仕事が進まない

いっくんはいつもはベビーベッドに寝ているんだけど

夜泣きで起きちゃった時など大人ベッドで添い寝して

そのまま寝かしつけたりすることもある。


1




おかあさんの隣で寝かせるといっくんは


2


と眠りながらすりよってくる。



これがうれしかわいい。(〃∇〃)






でも夕飯がいっくん大好物の餃子だった日は…





3


くっさ!(+_+)



いっちょまえにニンニク臭い息を吐く2歳児。



かわいくてもこれには顔をそむけてしまいます。







◆ランキング参加中◆


   
訳:「押して」

↑母乳だけだった頃はうんちすらいいにおいだったのになぁ